FC2ブログ
A級順位戦の降級は阿部八段と誰?

けさの毎日新聞によると、郷田真隆九段が名人挑戦を決めた将棋順位戦8回戦の、結果は以下の通り。



○久保八段(3−5)ー深浦八段(3−5)



○郷田九段(7−1)ー阿部八段(2−6)



○羽生王将(5−3)ー谷川九段(5−3)



○佐藤棋聖(4−4)ー藤井九段(4−4)



○丸山九段(3−5)ー三浦八段(4−4)



注:左側が勝ち。カッコ内は成績(勝敗)



名人挑戦権と同時に注目されていた、順位戦B1への降級(二人)の一人は、阿部八段となった。阿部八段は、A級に昇格したばかりの降級でさぞ残念であろう。



残りの降級一人は、3勝の丸山(順位5位)、久保(同7位)、深浦(同9位)の3人にしぼられた。



深浦は、確か、B1で安定的な強さを見せてA級にかえり咲いたばかり。順位の差から、3人の中では一番不利な戦いとなるが、これもA級の厳しさか。



最終局は3月2日、深浦の相手は阿部、久保は佐藤、丸山は郷田。



昔習った数学を思い出し、降級の確率を計算すると、降級の可能性は深浦8分の5(負ければ降級、勝っても久保、丸山の両方が勝てば降級)、久保8分の2(自分が負けて、深浦が勝てば降級)、丸山8分の1(自分が負けて、深浦、久保両方が勝った時のみ降級)となるだろうか。でも、何が起こるかわからないのが順位戦なので、この数字はそれほど意味がないでしょう。



関連記事


将棋 | 11:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する