FC2ブログ
スケートの視聴率

本日のスポーツニッポン朝刊によると、16日(土曜)に放送されたフィギュアスケート・グランプリファイナル世界一決定戦のショート演技の視聴率は19.3%と高かったが、17日(日曜)夜のフリー演技の視聴率は13.2%止まりだったという。



17日の放送は”不運”が重なった。連覇が期待された浅田真央が2位、ミキティが5位。しかも、開催地がロシアで時差があるため、都内などに届いた17日朝の新聞最終版には「浅田連覇逃す ジャンプ失敗」の見出しが躍り、テレビのニュースでも朝から結果を流していたという。これでは、17日夜の放送の、興味がそがれるのも仕方ないだろう。私の住んでいるところには新聞の最終版が来ないので、新聞で結果を知ることもなく、テレビもなるべく夜まで見ないようにしていたが、昼のスイッチをいれたら、たまたまニュースをやっていて結果を知ってしまった次第。



ただ、テレビ局の立場を推測すると、苦しい立場もわかる気もする。17日の未明にフリー演技を生放送しても、深夜帯では高視聴率は期待できそうもない…。日曜の朝でも、中途半端、あくまでゴールデンの日曜の夜に放送したい・・・と。実情はどうだったかわからないが、スポーツ中継の難しさともいえる。



そうはいっても、我が家では17日夜のテレビを見た。男子で優勝したジュベールの演技はさすがに手堅かったし、浅田たちも勝負の厳しさを教えてくれた。次は月末の全日本選手権。個人的には、中野友加里に期待したい。



関連記事


テレビ番組全般 | 10:47:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する