FC2ブログ
 
■プロフィール

トリオン

Author:トリオン
2019年8月から英語を勉強中の元サラリーマン。目標は70歳になるまでにTOEIC 満点と大きいが、まずは英語力を一歩ずつけていきたい。

■最新記事
■リンク
■月別アーカイブ
■アクセスカウンターです

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

600点の壁をやぶるまで その1

さて、9月13日のテストで665点をとれたが、飛躍の原因は何か。

リスニングは昨年9月のテストから、270点→285点→330点と、少しずつ伸びている。

まだまだ伸びが足りないが、八島晶さんの「八島式 TOEIC L &R 英語が聞こえるようになる本」にひとまずは感謝したい。(その後やった精選摸試1,2の摸試10セットも役に立っているのだろう)


リーディングは、昨年9月の315点から335点に20点しか伸びていない。

最初の315点は「文法特急」のおかげが大きい。

しかし、part5、6を解くのに時間がかかり、part7を全部解く時間がないという点は改善が見られない。何とか、対策が必要だ。


あとは、ツイッターで知った、単語のネット勉強会で

英検1級の単語を集中的にやったのも大きい(いわゆる「パス単英検1級」)

単語帳の2割くらいしか知っていない単語がなく、まだ3割くらいしかマスターしていないが、

単語とにらめっこを1日4,5時間かけてやっていると

単語を覚えるという苦痛な作業に慣れて、「単語ランナーズハイ」みたいな快感(マゾ的快感)を少し体験できた。

「金フレ」の単語がやさしく感じられる。

単語勉強があまり苦にならなくなったのが英語力の底を支えていると思う。


※単語勉強と八島さんの本の勉強は、さらに続けなければならない(最近さぼっている)



関連記事


TOEIC | 15:13:29 | トラックバック(0)