FC2ブログ
Part6対策 大里さんの特急で
201911302029107ad.jpeg

リスニングの勉強をしながら、半月ほど前から、リーディング
対策として、「パート6特急 新形式ドリル」(大里秀介など著
)をやっている。
3章まであるうち、第2章までやったが、ここまでは、やや易しい問題のように思う。第3章は「骨のある問題」とあるので、これに期待したい。
ところで、PART6の勉強をすることにしたのは、本番や模試では、PART5で予定(1問あたり20秒)より少し時間をオーバーしてしまううえ、PART6の16問で15分くらいかかって、結局、PART7で大幅な塗り絵(約25問)になってしまうからだ。
PART6を所定の時間(1問30秒、16問で8分)内でこなせれば、「PART7の54問に約55分を残しておく」という目標の時間配分に大きく近づけるだろうからだ。
ただ、この本をやっていると、1問30秒というのは、なかなかきつい。1問30秒というのは4問1セットにつき2分間ということだ。それも、拾い読みでなく、基本的に全文を読んで、4つの質問にこたえるという方法だ。意味がわかるスピードで読むと、どうしても時間が足りなくなってしまう。意味がわかる読みのスピードを上げればいいのだが、一石一朝にはスピードアップはできない。
当面は、2分をタイムリミットとして、時間がなくなってきたら、全体を読まなくてもわかる文法問題は、空欄の前後だけを読んで答える、また、文章挿入問題など時間がかかるものは捨てるなどの決断が必要になりそうだ。
目標は時間内にといて、16問中12問正解だ。ランキングに参加してます、こちらをボチットおねがいします。
関連記事


TOEIC | 20:39:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する