FC2ブログ
初の公開テスト 受けてきました
受付開始前、30分ほど前に会場についた。予定通り。それでも、かなりの人が会場入口付近で待って、勉強をしており、みんな頑張るなという感想。
受付開始後、会場に入ったが、事前に名前や受験番号のほか、TOEIC何回目かなどのアンケートに記入するところが多く、驚いた。会場が大学のせいか、大部分が大学生らしい若者たち。うーん、45年程前の大学受験の時を思い出したな。
トイレに行って、12時半過ぎから説明が。音源が聞き取れるか心配だったが、大きなマイクロフォンみたいなもので、かなり大きな音がするので安心した。それでも一番後部席の女性が手をあげ、最前列に座席を代わっていた。私も今度、後ろのほうの席だったら、座席を変更したい。
試験開始。パート1は予想通り。最初の問題は易しかったが、いくつかは聞き取れず。パート2も公開テストより難しい感じがした。
パート3。ここは設問のうち2つを先読みする方法を試してみたが、会話自体が聞き取れず、ところどころ聞き取れたワードで、山勘で答えたものが多い。自分のリスニング力がまだまだなのを、痛感。前日にミニテストをやっていて、リスニングがだめなのがわかっていたので、「予想通り悪い」と開きなおれ、なんとか心をおらずに、続けられた。
パート4も難しい。リスニングで半分正解がとれたか、おぼつかない。
パート5も意外に難しい。覚悟していたが、パート6も難しい。わからない語彙もかなり出てきた。それでも、飛ばし読みはやめて、じっくり読むことにしてパート7に。ここも難しいが、なんとかわかったものもあり、それなりに手応えもあった。
事前にパート7のうち25問を塗り絵しておいたが、残り5分で、あと29題ほどが残った。ここでシングルパッセージの残りの問題と、ダブルパッセージの最初の問題をやるか、迷ったが、シングルパッセージを選択。これをやり終え、残り25問のところで、ちょうど15時だった。最後の1分は、マークシートの確認で、予想通り25問は塗り絵のまま15時1分に終了。
あまりできはよくなかったが、最後まで、心を折らせず、やり続けられただけで、よかった。
ちょうど、10年ほど前に、初めてマラソン大会(10㌔)に出て、なんとか完走(少し歩いたが)した時のような、達成感があった。
といっても、できないのがわかっただけ。
明日からは八島さんのリスニングの最新本を買って、勉強したい。
きょうをスタートにリベンジだ。

きょうは家に帰って、風呂に入って、ビールで(妻と)乾杯だ。
関連記事


未分類 | 17:28:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する