FC2ブログ
「英語力 最強の一冊」買いました。
201908302144510b5.jpeg

彼は、仕事帰りに、ごひいきの銀座の書店に入った。語学本コーナーのある2階まで急ぎ足で駆け上がって、語学本コーナーまで行くと、最新の売れ筋本を並べた平台に、目指す本があった。残っているのは、1冊だけ。そこだけ少し光り輝いているように見えた。そうなんだ。毎日の仕事に疲れる日々。時にはこんな、ちょっとした幸運もないとやっていけない。
この本には英語講師や英語プロ級の65人が選んだ、英語力強化のお薦め本が載っている。TOEIC本の欄には、八島晶さんや、濱崎潤之輔さんら同じみの名前が並んでいた。ランキングに選ばれた本も、著名な本たちで、予想通りのものが多いなと、彼は思った。
意外だったのは、リスニング1位に「鬼の変速リスニング」が載っていたことだ。TOEIC用の文章を0.7倍から2.5倍までの変速で聞いてトレーニングをする。「早送りして聞いても、リスニングが雑になるだけで、効果はない」というようなコメントをウエブで読んだばかりなので意外だった。やはり、変速トレーニングの効果は多くの専門家が認めるところなのか。
興味はわくが、今、彼の書斎には、まだ読んでいないTOEIC本があふれている。いけない。いけない。今はこの愛すべき本たちをじっくり読んで活用しなくては。

それから、「読み書き」のベスト1教材には「English  Grammar in Use」がランクインされていた。確かにネイティブが読む英文法本とはどんなものか、興味がある。書店でざっと読んだら、面白そうだが、値段が3800円くらいとやや高価な点が難点だ。いけない。いけない。新規購入は当分慎まなくては。
また同2位にには「The Japan Times  alpha」が入っていた。この週間新聞も、一度読んでみたいと思っていたものだ。
誘惑がいっぱい詰まっている雑誌である。



関連記事


未分類 | 21:46:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する