FC2ブログ
リスニング高地トレーニング?
「解きまくれ! リスニングドリル」を続けてやっている。最初は、設問と選択肢を読み、次にスクリプトを読んで、その解説を読む。リスニングをせずに、最初から答え合わせをする形だ(リスニングしてもどうせできないので)。それで、少しスクリプトを音読したあと、まとめて音源をリスニングする。
通勤電車の中で、あたりの雑音の中で聞いているせいか、音源はスピードが速く、一度、スクリプトを読んでいるのにもかかわらず、音がわからない。
くぐもった声で、何度聞いても、出だしが聞き取れないので、スクリプトを見たら「Welcome to the Northwest Film Festival Voluntieer Services」だった。
Welcome という簡単な語が聞き取れないのだから、我ながら驚いてしまう。
最初はスクリプトが間違っているのかと思ったが、10数回聞いたら、確かにWelcome と言っている。
それから「Where  have you been?」が、速くしゃべられるので、「ゥエアビーン」というように、一かたまりで聞こえる。これはこれとして、ひとかたまりで覚えるしかない。また、「We still need someone」は「~スティーニー~」と聞こえる。 「I’m calling to see if you're still interested in~」といった、少々まわりくどい言い方も頻出する。
女性は早口で話すし、本番より少し難度が高いと、アマゾンのレビューに書いてあった。リスニング実力200点ぐらいの小生には、難度の高い本のように思うが、まあ「高地トレーニング」をしているんだと自分に言い聞かせるとなんだかやる気もでる。
メルカリでお安く購入したので、新形式対応でないのが難点だが、パート3 240問をそれぞれ30回ずつぐらいは聞いて、ものにしたい。
これをやったあと、本番に臨めば、半分ぐらいは聞き取れるのではと、淡い期待を持っている。
これまで購入したToeic本はほとんどがメルカリ経由なので、新形式対応が少ないのが困るが、一度購入したからには、時間がかかってもなんとか1度は読んでみて、本の顔をたててあげたい(もうストックは1年分くらいあるかも)
幸い、目標の990点までは遠い道のりで、期間の制限もあまりないので、非効率かもしれないが、英語本を1冊ずつ読みながら、楽しみながらやりたい(9月末の初テストの点数にばかりこだわっても仕方ないので)


2019082310511657a.jpg
関連記事


未分類 | 11:25:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する