FC2ブログ
サラリーマン特急  満点リスニング
2019081109475657d.jpeg
201908101121340ad.jpeg

昨日、急遽、 書店に行って買ってきたのが「TOEIC  TEST サラリーマン特急 新形式リスニング」(八島晶)=上の写真。OJim のハンドルネームで有名な、現役サラリーマンの八島氏が自ら苦労して編み出したリスニングの方法が書かれているというのが、購入の理由だ。
読んでみると、この本は初版2016年11月(現在題8刷)で新形式テスト対応だが、リスニングの仕方については前著の「新TOEIC TEST サラリーマン特急 満点リスニング」=下の写真=に詳しいという。(TOEICの本では新形式対応前の本のタイトルが「新TOEIC」で、新形式対応後が「TOEIC L&R TEST」または単に「TOEIC TEST」となっている。新がつくのが「旧」バージョンだというのが紛らわし。私はメルカリで中古本を購入することが多いが、最初は、この違いがわからず、旧形式の本を多く購入してしまい、失敗した)

「満点リスニング」はアマゾンによると、現在は売られていない。そこで、とりあえずkindle の電子版を購入した読み始め、あわせて、中古本をメルカリで注文することにした。
(電子版だけでやろうかと思ったが、スクリプトに赤線を引いたり、スクリプトを見ながら音声を聞くのには、やはり紙版があったほうが便利そうだ。)
音声は、スマホアプリ「abceed」でダウンロードして使うことにした。ただし、私はabceed の無料版を使っているので、マイブック登録が1冊しかできず、すでに登録してあった「文法特急」をマイブックから削除してから使用するなど手間がかかる。abceedからでなく、朝日出版のサイトから直線音源をダウンロードして他の再生アプリで使えばいいが、あいにく探したが、満点リスニングの音源は見つからなかった。ただし、abceedの「新形式リスニング」のサイトの中には、「満点リスニング」の勉強の仕方を書いた部分の無料pdfが入っているようなので、本を購入せずにともこちらを読む手もありそうだ。

勉強開始までの手間暇がかかり、ややこしいが、とにかく、「満点リスニング」の勉強にとりかかった。この本で八島氏が書いているリスニングの勉強法はとても興味深い。八島さん自身が、なかなか英語が聞き取れず、ディクテーションをしたり、ネイティブに近い発音をまず勉強したりしながら、試行錯誤の末に、たどりつき、獲得したTOEIC リスニングの勉強法だからだ。
本日は5時間ぐらいをこのリスニングの勉強に費やした。
この内容については、また明日。
ブログランキングに参加しています。ご協力を
関連記事


未分類 | 19:51:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する