FC2ブログ
日銀金利引き下げ

きのう、短期投資家たちは、日銀の金融政策決定会合の結果をじりじり待っていました。



市場の予測は0.25%の金利引き下げ。



午前中は、金利引き下げ見送りの噂も流れ、株は少し下落。



新聞社は夕刊最終版に記事をいれようと待っていたが、通常の締め切りを過ぎても、発表されず。



「このままでは夕刊に入らないね」



「でも、株や為替やっている人は、サイトやテレビ見ているので、新聞はね」



「それはそうだね。ただ、いま、投資家はどうしよか、じりじり待っている」



「もともと0.5%という、あったのかという金利。それが少し下がっても変化はないんじゃない」



「もちろん、実質効果は少ないけど、市場に対して、金融を緩和し、株安、円高にストップをかけるという意味、国際協調を日本もしてるぞ、とアピールする意味が大きいんじゃない」



といっているうちに、新聞社では、締め切りをのばすことになったようで、その後、午後2時前に発表された金利引き下げが、大手紙はみな入っていました。



発表はNHKのテレビがテロップを流したけど、「え、0.3%に。ということは、引き下げ幅は0.2%だけ。事前の予測は0.25%なのに0.05%けちったな」



「下げ幅をめぐって、政策委員の中で賛否両論があったんじゃない」



「採決は賛成4、反対4、議長判断で決まったって」



「う〜ん」



市場はしばらく様子をみていたが、先物のクローズ時間近くになって、そう終わりの10分ぐらいで、株価は急落。下げ幅を広げた。為替も一時、円高に進んだ。



株は明日から3連休、リスクを持ち越したくないので、いったん手じまったんだろう。



「日銀はなぜ、0.05%をけちったのか」



「0.25にしちゃうと、あと一回しか金利を引き下げられない。0.3にしとけば、あと2回できる」



「でも、市場が0.25を予測しているのはわかっていたはずなのに」



「ま、しかし、時間がたてば、0.05の差は忘れられ、ともかく下げたということが好感されるんじゃない。日銀も短期の株の下げは、覚悟していたはず」



あとで新聞を読んだら、0.25%引き下げを主張した委員が4人、白川日銀総裁らが0.2%だったらしい。



白川判断がどうでるか、週明けの市場をみないとわからない。





関連記事


マネー | 09:35:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する