FC2ブログ
有権者は踊らない!?

9月9日のインサイドアウトは、注目の学者、飯尾潤・政策研究大学院大学教授を迎えて、自民総裁選の政策評価について話し合われた。



キャスターの高橋氏、コメンテイターの小泉氏とも、政治が専門ではないが、それだけに市民の視点から、「自民党の新しい総裁が選ばれて、新内閣を組閣しても、すぐ解散なら、その内閣はいったい何のための内閣なのか?」など、素朴な質問を投げかけていて、面白かった。



総裁選は麻生氏有利で、きょうの告示を迎える。複数の候補者をたてて、政策論争で盛り上げ、支持率を回復して、総選挙という自民党のシナリオ。こういう盛り上げ方には、有権者のほうも、その意図を見破っていて、簡単には乗せられないはずだ、という意味の発言を小泉氏はしていた。



メディアのほうも、一昔前の郵政選挙の「刺客」騒動と違って、政治ショーをやや冷ややかな目で見ながら報道しているようにも見える。



さて、準決勝の総裁選(小泉氏が使っていた言葉)が終わったあとの、決勝の総選挙での有権者の判断は?



関連記事


インポート | 11:02:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する