FC2ブログ
総合雑誌の休刊

講談社の「月刊現代」が今年12月1日号で、休刊するとの記事が出ていました。



月刊現代は、すぐれたルポルタージュや調査報道などで、時には世論を動かしてきただけに、とても残念です。



朝日新聞発刊の「論座」も10月号で休刊のようです。



休刊の背景には何があるのでしょうか。総合雑誌の危機がいわれて久しいです。



昔あった論壇というものが崩壊してきているのと、さらに硬派系の話題をデパート方式に扱う「総合誌」という形体へのニーズが減ってきているのでしょうか。(専門誌が増え、フリーペーパーも増えた)



ネットやブログでの情報流通や、そこでの「言論」が、ニュース勃発と同時に活発に行われ、一か月単位の月刊誌では遅いということでしょうか。



テレビ、新聞、ネット、個人発信メディアとしてのブログも含めたメディアの多様化の中の、できごとだと思いますが・・・。



関連記事


| 07:44:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する