FC2ブログ
米国 信用危機第5弾は?

米国の住宅公社の支援についての法案に、ブッシュ大統領が署名し、これで、火種の住宅公社への支援の仕組みは整ったようだ。



NY株も、二日続けて続伸しているが、まだ、とても安心はできないだろう。



先週25日のインサイドアウトのゲスト、三菱東京UFJの鈴木敏之チーフ・エコノミストは、興味深い指摘をしていた。



これまで米国のサブプライムローンがらみの信用不安は、昨年夏から、4つの波があったという。



1つ目は昨年8月。仏銀BNPパリバ傘下のヘッジファンドがサブプライムローン関連の証券化商品市場の混乱で、解約を一時停止したこと。



2つ目は、昨年11月〜12月。サブプライム証券化商品の市場価値が下がり、金融機関が損失を計上し、短期市場で金利上昇したこと。



3つ目は今年3月の、ベア・スターンズ危機。



4つ目は、今年7月のファニーメイなどの住宅金融公社の危機である。



波がほぼ3カ月おきに来ているのは、金融機関の決算が3カ月おきで、その時に、経営内容の痛み具合が公にされるから。



そして、住宅金融危機のもとになっている、住宅価格は、あと1〜2年は、回復しないのでは、というのが鈴木氏の見方であった。



ということは、次の波は今年10月ごろに起こる可能性が高いわけで、それが、どんな形の、どんな規模になるか? 米大統領選も近づいているだけに、目が離せない。







関連記事


インポート | 11:03:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する