FC2ブログ
Vistaに挑戦 その3

ウインドウズVista の試験版を試そうと、メモリーの増設を不注意に試みたばかりに、壊れてしまったわがパソコン。しばらくほおっておいたが、希望の光が差し込んだのは「Yahoo オークション」を眺めていた時のこと。なんと、うちのパソコンと同じ型式のマザーボードとCPU、それにCPUクーラーの中古セットが出品されているではないか。しかも価格は9700円。これなら、新品に買い換えるのと比べ半額以下ですむ。早速、入札して、購入(落札価格は1万円をちょっと超えたが)、数日後に現物がとどいた。



これを自分で組み立てるのは、難しそう。何しろ、電源も壊れているので、うちのスリムタワーに合うものに買い換えなければならないし、メモリーやハードディスクが壊れていないかチェックも必要だ。



そこで、壊れたパソコンとマザーボードセットを車でパソコン専門店に運び、修理をお願いした。店員さんの説明では、パソコンを分解、チェックして、使えるパーツとだめなパーツにわけ、だめなものを新たに購入する。そのために、まずマシンをチェックし、見積もりを作るとこのこと。この見積もり代が、会員割引で6000円という。了承して、見積もりをお願いした。



と、ここまでは、順調に進んだが、さらに数日後、パソコン店から電話がかかってきた。



いわく「マザーボードの型式は同じだが、これはマイクロATXでなく、ATXなので、お客さんのパソコンのケースには入りません。ケースを買い換えなければいけません」(詳しい専門用語はわからないが、こんな電話でした)。一難去ってまた一難である。



「買い換えるとケースはいくらぐらいからありますか?」「7000円ぐらいからです」「では、それでお願いします」





関連記事


ブログ・IT | 19:06:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する