FC2ブログ
今こそ 正論を!

二日のインサイドアウトは、ゲストの元財務省官僚で、東洋大教授の高橋洋一氏が、語りまくっていました。



前日話に出た「暫定税率1年」法案について、高橋氏も、民主党が出すべきと強調。「来年から一般財源化を言っている福田内閣は飲まなければ、論理矛盾になり、否決なら、そこを攻撃できる。また、飲んだら、民主党の案が通ったわけでそれで得点になる」「一般財源化は、すべきことで、国民にとってよいことなので、それを実現すべき」などと力説していました。



また、いまのように、ねじれ国会で、与野党ががっぷり四つで、身動きがとりにくときこそ、愚直に原点に帰り、正しいと思う政策を主張し、突き進むのがいい、とも。



また、閣議決定はしたものの自民党の一部のサボタージュ(?)で、法案化が見送りかねない、公務員制度改革を、きちっと実行することが、長い目で見ると非常に重要とも、語っていました。



通常の政治家や官僚の、考えと違った角度からのアイデアが多く、とても興味深い、トークでした(と自画自賛)。



関連記事


インポート | 14:48:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する