FC2ブログ
ビックカメラ・ベスト広島店

3月6日オープンのビックカメラ・ベスト広島店(広島市南区西蟹屋)で、3D立体放送のPRをするため、当社の広報部員が、広島に行っています。



46インチの3Dテレビモニターと、DVD再生機はすでに運びずみ。



既存の店舗にブースを設けるのと違って、新規オープン店なので、ほかのメーカーのブースなども準備に忙しく、店舗では熱気にあふれているようです。



これで、3D立体放送の体感ブースは、ビックカメラの有楽町、池袋、新宿、立川、札幌、名古屋、天神、なんば、ソフマップの秋葉原店についで、10店舗目。



新規オープンで、記念特売なども実施すると思われますが、3Dブースにどれだけの人が見てくれるか、楽しみです。



現地の広報部員も、今晩は名物のお好み焼き(広島焼き?)など食べて、明日に備えているようです。





関連記事


インポート | 20:18:36 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
昨年秋の「CEATEC2007」でデモを見てから、...
昨年秋の「CEATEC2007」でデモを見てから、BS11が立体放送を本気で始めることに驚きと期待で一杯です。

さて、日本の立体マニアの間で一番見られているサイト「STEREOeYe」にも投稿しましたが、BS11で視聴者からの立体作品(立体写真及び立体ムービー)を募集してはいかがでしょうか?
最近ではキャノンのデジカメのシャッターを完全同期させるソフトが開発され無料で公開されているので、3万円程度で完璧な立体デジカメが作れますし、立体ムービー作品や立体CGを制作しているアマチュアの方も増えてきています。
そんな方々にとっては、作品を高画質なままで発表する場所がほとんど無いのが現状です。
BS11にとっても、コンテンツ制作コスト・ゼロで番組を作れますし、面白いと思いますが、いかがでしょうか?

新しいメディアの普及には、「デバイスの安さ」と「誰でもがコンテンツを作れる」ことが重要だと思っていますので、3Dの視聴者参加型番組が出来て投稿者が増えれば、雑誌や2Dメディアも取り上げて、日本でも本格的な3D映像革命が動き出し、立体カメラを市場投入するメーカーや安い立体テレビやモニターを売り出すメーカーが出てくると思いますし、BS11から次代を担う3Dクリエーターが誕生してくれば非常に面白いと思います。
2008-04-03 木 22:59:28 | URL | ROVER416T [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する