FC2ブログ
ロバート・ハリス

ロバート・ハリス氏の「人生の100のリスト」を読んだのは、もう二年ほど前になるだろうか。





人生の100のリスト人生の100のリスト
価格:¥ 1,890(税込)
発売日:2004-02-24


年を重ね、人生の折り返し地点を過ぎると、ふと、自分が遣り残したことが気になる。



正確にいうと、自分が、この人生でやらずに終わってしまうかもしれないことがだ。



そういえば、俺は、若いとき、何がしたかったんだろうか、などと思ってしまう。



会社に入って、とりあえずは、自分のしたいことというより、その世界で一人前になるために、全力を尽くす。



私の場合、新聞記者というのは、かなり過酷な世界だった。



自分が得意だとおもっていた文章が、記事となると、まるで書けない。



どうやって特ダネをとってきたらよいかも、わからない。



ひどい、自分に向いていない職業を選んでしまったなと、思ったときもあった。



そんな世界で、生き抜くことに懸命で、半人前になれば、さらに、上を狙おうとする。本当に、やりたいことは、ひとまず置いてだ。



しかし、そうやっていくうちに、いつのまにか、本当にやりたかったことが、はっきりしなくなっていく。やばいぜ〜。



ロバート・ハリス氏は、違う。



若いときに、自分が人生でやりたいことを、100個列挙してノートに書く。それを、できるだけ、実現しようとしたのである。



100個の内容は、今、手元に本がないので、くわしく書けないが、確か、結婚する、という当たり前のものから、不倫する、牢屋に入る・・・というものまで、世界中を動き回り、放浪しなければ、達成できないような内容のものが多い。



かなり型破りな人生志向だ。自由だ。



この本の内容の詳細は、改めて書くとして、なぜロバート・ハリス氏かというと、彼をメインキャスターとする、オトナのトーク番組を、BS11で12月から、放送する予定だからだ。



まだ、私は、ロバート・ハリス氏には会っていないが、興味を持って読んだ本の著者と、関連した仕事ができるのはうれしいことだ。





関連記事


BS11 | 22:02:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する