FC2ブログ
U22サウジ戦 引き分けも「ステップアップ」

今朝は、サッカー U22日本代表のサウジアラビア戦をテレビで観戦。



といっても午前3時過ぎの放映なのでビデオ録画観戦ですが。



五輪予選、敵地での試合であり、ベトナムに辛勝した後だけに、「負けられない一戦」。



負けたら解任といった情報を流されて反町監督も正念場だったろう。



先発で、平山をはずし、19歳のデカ森島を起用という思いきった布陣できた。



さらにサイドには内田と、若き世代を投入し、U22世代に不十分に見えた「やる気」、暴れてやるぞという「がむしゃらさ」を注入した。



サウジはホームでの戦いで、前半から攻勢に出たが日本はよくしのぎ、決定的なチャンスをつくらせず、カウンター気味に攻撃も見せた。



森島がよく動いてチャンスを作っていたし、前半の水野のヘディングは惜しかった。



後半は、日本が逆に攻勢に出て、途中からサウジは一人退場となり数的優位になったが、攻めきれず、引き分け。



見ていてストレスがたまるのは、いつもながらのことだが、反町監督が試合後に言っていたようにチームが「ステップアップしている」のは確か。



試合後、選手たちが口々に、「次のカタール戦は勝ち点3をとりたい」と言っており、士気は高まっている。国立での一戦に期待したい。





関連記事


スポーツ | 10:38:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する