FC2ブログ
新感覚生放送ーーキャッチコピー2

「BS11」のキャッチコピーとして、考えたものの一つに「新感覚生放送」というのがある。



BS11では、テレビの原点である「生放送」にこだわり、生放送の番組をなるべく多く(通販をのぞいても1日5時間以上)放送しようと計画している。



いま、テレビは高校野球の季節だが、これなど「生放送」の魅力がたっぷり出たコンテンツといえる。



仕組まずして、シナリオのないドラマが展開する。



きょう(13日)の第一試合。京都外西vs常総学院戦。



常総は満塁のチャンスをいかせず、0対0のまま延長戦に。



10回表に京都が1点勝ち越すと、常総も同点においつく。



11回に京都が2点勝ち越し、万策つきたと思えば、今度も常総が2点を返し同点に。



常総は、代打に出た選手が2死2塁から起死回生の一打を放つなど、脅威的な粘りで、見せ場がいくつもあった。



12回に京都が敵の守備の乱れがらみで2点をあげると、常総は力尽きたが、リアルタイム放送ならではのハラハラどきどきの時間だった。





関連記事


BS11 | 12:49:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する