FC2ブログ
サッカー日本・豪州 最高視聴率37.1%

結果が楽しみと書いた21日のサッカー日本代表対豪州のテレビ朝日系列での、視聴率(ビデオリサーチ調べ)は、関東地区の平均視聴率で23.8%、瞬間最高視聴率は高原がPKをはずした瞬間で、なんと37.1%に達したというからすごい(iZA参照)。



サッカーの視聴率などを記録しているサイト(サッカーの視聴率and気になるNEWS)によると、平均23.8%というのは、これまでゴールデンタイムに放映されたオシムジャパンの試合のテレビ視聴率の中でも、13試合中最高。



また、アジアカップ2007の視聴率は、初戦のカタール戦が12.5%、UAE戦が17.9%、ベトナム戦が20.0%と、試合ごとに上がっている。



19日から21日の視聴率でも、風林火山の19.6%などを上回っている。



オシムジャパンはサッカー好きにしか、人気がないなんていわれていたが、やはり因縁の豪州戦は盛り上がったといえるようだ。



この批判はオシム監督も少しは気にしているらしく、「日本人よ!」という彼の著書では、ジーコジャパンと比べて、球場への観客動員数は、オシム時代のほうが、多い、などと反論していて、笑ってしまった。



いよいよ明日はサウジアラビア戦、順調に勝ち抜くと決勝は29日夜だが、テレビ朝日は参院選特番と一緒に、L字型画面などで両方のようすを実況中継する計画らしい。



BS11でもいつの日か、サッカーの実況中継をやりたいものだ。<K>





関連記事


スポーツ | 13:42:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する