FC2ブログ
日本次はオーストラリア戦

サッカーのアジアカップの日本対ベトナム戦をテレビで見た。



「負けられない戦い」とうるさいくらいにアナウンサーたちが言っていて、盛り上げ方がいやだったが、実際、この試合は、勝ちか引き分けでないと、予選落ちの可能性がある、正念場の戦いだった。



最初に、試合早々、オウンゴールで1点を献上したときは、いやな予感がしたが、やってくれました期待されていないフォーワードの巻選手。



1点とられた後、すぐに胸で押し込んだ巻の得点は大きかった。あれで余裕が生まれたね。



巻は後半にも、相手ディフェンスにつかまれながらヘッドを決めており、きょうの試合のMVPだと思う。



オシム監督が、辛抱して巻を使い続けただけに、恩師に恩返しができて、これで巻も一皮むけるんじゃないかな。



試合結果は4−1 と圧勝。俊輔のゴールにいたるパス回しもすばらしかったし、いつもははずす遠藤がフリーキックを決めたのもすごかった。



ところで、最新号の「Number」で、作家の川端裕人氏が、サッカーフアンは昨年のW杯(特に初戦のオーストラリア戦での負け方)で心に深い傷をおっており、それで、代表戦への熱狂から遠ざかっている、と書いている。



確かに、オシム日本は昨年から、いい試合をしているのに、観客数やテレビの視聴率もいまひとつなのは、この「心の傷」のせいだろう。



みんな期待して、また裏切られたくないのだ。



そして、その傷をいやすためにも、アジアカップで活躍して、宿敵・オーストラリアを決勝で破ってくれと川端氏は書いている。



皮肉なことに、グループAでは、オーストラリアがタイに圧勝し、ぎりぎり2位に残り(スポニチサイト)、次の準々決勝で早くも日本と、あたるようだ。



心の傷をいやしてくれ。<K>



関連記事


スポーツ | 00:06:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する