FC2ブログ
なぜ、エグゼクティブはゴルフをするのか?が売れているのか


なぜ、エグゼクティブはゴルフをするのか?なぜ、エグゼクティブはゴルフをするのか?
価格:¥ 1,260(税込)
発売日:2007-06-05


  ビジネス書のベストセラーの上位にある「なぜエグゼクティブはゴルフをするのか?」を読んでみました。



 原書はスペイン語らしく、英語訳の本の題名は「The   Fish  Did  Not  Want To Evolve」



です。



この原書の題名は、この本が13章からなっており、最初のエピソード、日本訳では第一話「進化を拒んだ古代魚と陸に上がったカメ」から来ていると思われます。



日本の本の題名は第7話からとったものです。



エピソードとしては古代魚のほうが面白いのですが、ゴルフ好きの日本人にあわせて、第7話からとったのでしょう。これは成功。売れている理由の一つでしょうね。



しかも「エグゼクティブ」が入っているので、自分がエグゼクティブだと思っている人や、エグゼクティブたろうとしている人を、刺激していますね。



この本の説いているのは経営論、組織のリーダー論、セールスマンの心得といったビジネス論ですが、その内容は、基本的なことが多く、そんなに驚きません。



売りは、各章の冒頭に語られる寓話のうまさ。ウィットに富んでいて、わかりやすいことでしょう。



例えば、不況で業績不振の企業が、対処療法のその場しのぎのリストラを繰り返し、結局、競争力を失ってしまうことは、足を1本ずつ切り落としてしのぎ、ついには足が1本になって、歩けなくなるアリの話にたとえられています。



一番傑作なのは、社員に不満な社長が、ではといって自分のクローン人間を何人もつくって幹部社員に登用する話です。



総じて、経営者・リーダーに手厳しく、社員が悪いなんていっているが、一番の問題は、あなた(経営者や管理職)じゃないの、なんてズバリ言っています。



この本が売れるのも、意外と日本人の経営者・管理職は、耳に痛い忠告を聞くのが、嫌いではないのかもしれません。





<K>



関連記事


| 09:00:00 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
こんにちは。
こんにちは。
「なぜ、ゴルフ?」読みました。
原書はスペイン語なんですね。あまり意識せず読んでいました。
非常に読みやすいビジネス寓話集でした。
私のお気に入りも、第6話のクローンの話しです。
TBさせていただきます。
2007-08-09 木 15:27:04 | URL | ikadoku [編集]
はじめまして。
はじめまして。
わたしもこの本を読みました。

経営者の方向けという印象が強く
わたしにとってはちょっと「他人事」でした。
2008-09-01 月 00:50:05 | URL | Loco [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する