FC2ブログ
「女テレビ」?

先週、ある研究会の席上で、「BS11」のことをPRして、現在想定している番組表案を見せたところ、ある参加者から「女性の視聴者への視点が弱いのでは」と言われた。



確かにお茶の間で、テレビを見ている人というと、男性のほうは、サラリーマンは昼間は会社に行って、あまりテレビを見ないことを考えると、相対的に女性の視聴者のほうが多いはずだ。



ところが、テレビ局のほうは、うちの社もそうだが、女性のディレクターや広報ウーマン、営業担当者などもいるが、やはり人数的には男性のほうが多い。



男性テレビマンは、しらぬしらぬのうちに、自分が見たい番組を作ろうとしているかもしれない。本当は、奥さんや自分の母親が喜ぶ番組を意識したほうが、視聴者は多いのに・・・。



以前、私は毎日新聞の読者向けPR誌「毎日夫人」の編集長をしていたとき、人気の記事は、料理、健康のつぼ、旅行、闘病・更年期、クイズ、読者のページなどであった。



「BS11」のキャッチフレーズの一つは「大人テレビ」であるが、もしかしたら「女テレビ」にしちゃったほうが、差別化ができるのかもしれない。<K>



関連記事


BS11 | 09:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する