FC2ブログ
マー君派です!

ハンカチ王子とハニカミ王子、どっちが好き?―知り合いの女子が唐突に聞いてきました。「アナタはハンカチ派?それともハニカミ派?」みたいなベタな質問。バッカもん、オマエは女性誌か!とは言いません。オトナですものね。「抱かれたいのはマ−君かしら」。そう答えると「はい、次の方」。アタタ…、女性誌ちゃんに黙殺されてしまいました。冷たいぞ、このこの。





 さて。申し遅れました、マー君とは、楽天の田中将大投手のことです。ご存知ですよね。



マー君は、711日のソフトバンク・ホークス戦で勝ち投手になり、今季7勝目。高卒新人最速のスピードで100奪三振を成し遂げました。シーズン前半にして、すでに大器の片鱗をがうかがわせるマー君。その才能や能力はさることながら、マー君、とにかく絵になるんですよ。



ピンチになると、眉毛を逆ハの字に吊り上げ、百戦錬磨の強打者にむかって強烈なガンを飛ばします。フルカウントからの次の一球、最高にシビれる場面で、ベテラン捕手のサインに首を振ったりします。渾身の決め球を打たれると、一瞬、泣きそうになったりもします。でも、ノムさんに褒められれば、顔をくしゃくしゃにして喜びます。そして、マー君が投げる日には、バックを守る、職人肌の内野手たちまでカッコよく見えるんです。





先月、「ヤクルトVS楽天」を観ました。その試合前、神宮球場へと急ぐ道すがら、球場そばの道路に人だかりができていました。人々の視線の先を追うと、1台のバスが停まっています。と、楽天の選手が続々、降りてきました。…目下ホームラン王の山崎、核弾頭の鉄平、役者顔の青山ときて、いました、われらがマー君。そのマー君を見つけた瞬間、女の子やオバさんたちをおしのけ、最前列に躍り出ると、なんと私は「マー君!」と絶叫してしまいました!おハズかしい、オトナですのに…。狂ったように自分の名を連呼するブキミなおっさんを見て、なかば苦笑気味にマー君は手を振ってくれましたぞ。





その日、楽天は負けました。マー君の出番もありませんでした。でも、なんか1日ポカポカしてました。それは、小学生のころ、ピンクレディのケイちゃんを見たときの、あのポカポカとおんなじ。スターが放射するオーラを浴びた瞬間の快感でしたぞ!《S



関連記事


BS11 | 17:34:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する