FC2ブログ
2011年7月24日

2011年7月24日は何の日? 



テレビ業界ではおなじみだが、テレビのアナログ放送が停止される日である。その日をタイトルにした本が発売されている。



2011年7月24日 テレビが突然消える日



「2011年7月24日 テレビが突然消える日」(岡村黎明著、朝日新書)である。



この本では、デジタル移行の先進実験地・英国のホワイトヘブンの現地ルポを紹介したあと、デジタル化・アナログ停波の問題点を詳細にあげている。



まだ本の半分ほどしか読んでいないのだが、ここまでで私なりに整理すると、問題点は二つある。



?全国約4800万世帯が2011年7月24日までにデジタル放送を見るための機器をそろえることが可能か??全国の約1億台のテレビをデジタル対応にできるか?−−である。



?については、ここ一年ほどの薄型デジタルテレビの急激な普及を見ていると、かなりの世帯がデジタル対応を完了するのは、予想よりは容易だと思う。おおよそ九十数%の世帯が完了するのは、かなり早くなるのではないか。



ただ、残りの数%(または0・数%)まで全部が、2011年までにデジタル化するというのは不可能だろう。



例えば1%でも48万世帯の人は、テレビが見えなくなる。それをどう救うのか?



IPで対応するか、アナログBSで地上波を流すか、安価なデジタル・チューナーを配布するのか・・・。



?のほうも、1億台のテレビをデジタルテレビに買い替えさせるのは不可能だろう。そうすると、この本の表現によると「最大6500万台のテレビが、2011年7月24日にはテレビを見れなくなり、ゴミになる」ことになる。



実際は、デジタルチューナを購入したり、デジタルチューナー付きのDVDに接続すれば、アナログテレビでもデジタル放送を見れるので、6500万台はオーバーな数字だろう。



また、テレビ放送が見れなくても、ゲーム端末として役立つし、ビデオやDVD映像の表示装置として使えるので「ゴミ」になるわけではない。



しかし、かなりの数のテレビ放送の見れない受像機が発生し、かなりのテレビが廃棄物化するのは確かだ。これをどうするという問題がある。多数のテレビを捨ててしまうのは、「もったいない」し、回収・リサイクルも追いつくのだろうか。



一部にある2011年7月24日を延期すべきという主張は、一度延期してしまうとデジタル化のやる気がそがれるという点で問題があるが、この??への対応策は、きっちりしなくてはならないだろう。





関連記事


インポート | 18:37:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する