FC2ブログ
アナログ放送終了のセーフティネット

総務省の地デジ審議会(正確には地上デジタル放送推進に関する検討委員会)の話題の続きです。



この審議会で、もう一つ興味深かったのは、アナログ放送終了のセーフティネットということが論じられたことです。



2011年7月(正確には7月24日です)までに、アナログ放送からデジタル放送への移行に全力を尽くしますが(インターネット放送なども含め)、それでも100%デジタルを受信できる環境が日本全国に整うかというと、100%とは言い切れない。



地域的な問題や、経済的な問題で、環境が整わないところが、少数だが出てくる可能性がある。



それで、その地域はテレビが見えませんというわけにいかない。



では、どうするか? 



そこで打ち出されたのが、「衛星利用」ということです。



空から電波を送る。



衛星といってもBSもCSもあり、そこは明示されていませんでしたが、常識的に考えるとBSではないでしょうか。



もっと具体的にいうと、今のNHKのアナログ衛星放送を、地域限定、期間限定で活用し、そこに地上波の番組を流す、ということだと推測されます。



地上波といっても、NHKだけなのか、民放キー局もなのかは分かりませんが。



そうすると、わが社に関係あるのは、もしかしてアナログの「BS11」が2011年7月以降も、しばらく存続する可能性があるということです。



うーん、これは・・・。



関連記事


BSデジタル放送 | 09:00:00 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
地デジをBSアナログで放送するというのはあり得な...
地デジをBSアナログで放送するというのはあり得ないでしょう。アナログは効率が悪過ぎて多くのチャンネルが送れません。2011年に終了することも決まっています。

あるとすれば、スカパーの衛星か2011年に最大42チャンネル増える予定のBSデジタルを使うでしょう。在京キー局の7チャンネルを放送するのではないでしょうか?
2007-10-31 水 09:35:18 | URL | μ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する