FC2ブログ
デジタル放送とアンテナ

デジタル放送にとって大きな課題になっているのがアンテナの普及・設置だ。



3波共用(地デジ、BSデジタル、CSデジタル)のチューナーのついた薄型テレビは、急速に普及している。



デジタルチューナーでない、アナログテレビは、現在はほとんど売られていない状況という。DVDレコーダーも、デジタルチューナー付きが標準になってきている。



地上アナログ放送は2011年7月に完全停波して地デジに替わる計画だが、この時までに3波チューナ(付きのテレビやDVD)が6000万台とか7000万台とか普及するのは、現実的になってきている。



問題のアンテナだが、地デジの場合はUHFのアンテナがあれば見えるようだ。ただ、チューナー付きのテレビを買ってもUHFアンテナとつないでいなかったり(大型テレビを買っても知らずにアナログの地上波を見ている!)、UHFアンテナを設置していない家庭もある。



この場合、アンテナを設置するには工事費が1万円ほどかかり、アンテナ代金もいる。さらに、デジタルチューナー付きのテレビを購入した家庭に、家電販売店の店員が行き、テレビの設定をしてユーザーに説明するのに1時間余りかかるという。また、薄型テレビを買った人が、きちっと地デジを見ているのか、啓蒙も必要だ。



これはBSデジタル放送も同じで、デジタルチューナー付きのテレビを購入しただけでは見れず、BS用のパラボナアンテナがいる。もちろん、アンテナは、NHKのアナログ衛星放送用のパラボナアンテナで代用できるケースがほとんどで、その衛星アンテナはすでに1000万世帯ぐらいに普及しているといわれる。



けれど衛星アンテナを持っていない場合は、BSアンテナを新たに購入しなければならず(価格は数千円程度)、自分で設置できない場合は、家電店などに工賃を払って取り付けなければならない。また、地デジ同様、配線などが複雑で面倒という問題もある。



チューナーの普及が軌道に乗った今、このアンテナ問題に関係者はさらに力をいれて取り組まなければならないだろう。



今週初め、総務省で開かれた審議会の討議を聞く機会があった。そこでは、NHKの委員が、2011年のアナログ停波の直前になっても、チューナーやアンテナを設置できない家庭向けに、簡易で安価なチューナーと屋内アンテナを販売したらどうかと、試作品を示していた。



BSの場合も、工賃などかからず取り付けられる簡易なアンテナを開発してくれたら、いいのに、と思ってしまった。







関連記事


BSデジタル放送 | 15:54:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する