FC2ブログ
亡くなった達正光六段の棋譜

きょう5日の毎日新聞夕刊の「囲碁・将棋スペシャル」欄で、3月26日に心不全で急逝した達正光六段の棋譜を紹介している。



41歳とはあまりに若い。



棋譜は、前期C級2組順位戦で昇級した広瀬章人四段(20)との戦い。



穴熊で相手の攻めをしのぐため、すぐにとられるのを覚悟して自陣に飛車を打ち金を温存したり、金の斜め後ろに歩を打ち、竜に歩をとらせてから金打ちではじいたり、渋い手を連発して、伸び盛りの若い才能に快勝している。



筆者の池谷一路氏は最後に「ファンが棋士に哀悼の意を表するのは、棋譜を鑑賞することである」と書いている。哀悼して味わいたい。



関連記事


将棋 | 21:54:31 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
主人の事を記事にしてくださって本当に有り難うご...
主人の事を記事にしてくださって本当に有り難うございます。この対局は主人もすごく納得のいく対局のようでした。納得のいく将棋を指した後は疲れもとんでしまうそうです。私もブログを書いています。今は主人の事だけを書いています。もしよろしければのぞいてくださいね。
http://blogs.yahoo.co.jp/mietan0066/folder/836221.html" target=_blank>http://blogs.yahoo.co.jp/mietan0066/folder/836221.html
2007-04-10 火 00:28:26 | URL | 達 美恵子(達正光の家内です) [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する