FC2ブログ
局所的な「地価バブル」?ーー公示地価発表

昨日発表された公示地価は、全国平均の全用途で、16年ぶりに前年比プラス(0.4%)となった( 日経住宅サーチなど)



首都圏でマイホームを探している身として興味深かったのは、日経新聞の神奈川版にのっていた公示地価関連記事。



神奈川県内で住宅地の上昇率がもっとも高かったのは横浜市の都筑区で9.9%。



ここは港北ニュータウンがあるが、近くに「ららぽーと横浜」といった大型商業施設がオープンしたり、来春に市営地下鉄の新駅が近くにできる計画があるため、人気なっているという。



ただし、中には1年前に分譲されたマンションが、中古で出され、販売価格が新築時を25〜30%上まっているという「まるでバブル」というケースもあるという。



こういう局所的な”住宅地バブル”的な価格が、今後どう動くか。



公示価格を担当した土地鑑定委員会委員長が、地価上昇が「1月1日以降も続いていくとの予測を示すものではない」という談話を発表したというから、注意深くウォッチする必要があるだろう。



関連記事


その他 | 12:46:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する