FC2ブログ
人間の勝ちーーキラー・コンテンツだ

ボナンザ対渡辺竜王の将棋を、ネット中継で見ていました。



ボナンザ得意の居飛車アナグマを受けてたった渡辺竜王が、終盤、読みきりの最強手をつらねて勝ちました。まずはコンピュータに対し人間の勝ちです。



ネットで観戦していて、人間同士の対局とは、なんか違うような感覚ですが、それでも、がっぷり四つの戦い。棋力のあまり高くない私には十分にはわからなかったのですが、竜王のあぶなげない勝ちのように見えました。



しかし、対局後、渡辺竜王は「思ったより強かった」と語っているし、米長会長は「中盤はボナンザのほうが優勢だったんだろうと思いますね。終盤が強いことは分かっているのでこれは人間のほうが負けてしまうのかと思っていました」と言っているので、かなりいい勝負だったようです。



それにしても、この戦いでは、渡辺竜王が煙幕の中から登場したり、公開対局とあわせプロの指導対局が組まれたり、将棋連盟、大和証券とも、すごい力の入れようです。



ネット観戦も「ビジー」でつながらなかった時があったので、かなりの人が見たと思います。



渡辺竜王の言う、プロ棋士とコンピューターの公開対局という歴史的「コンテンツ」が、今時点で、かなり注目度も高く、価値があるということでしょう。並みの人間同士の棋戦以上ですね。







関連記事


将棋 | 17:41:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する