FC2ブログ
将棋・片上大輔五段、遠山雄亮四段のブログ

このブログへのアクセス数をチェックしていて、きょうは(というか昨日夜から)異常に多いので、びっくりしていましたが、調べたところ、将棋の片上大輔五段のブログ( daichanの小部屋.)で、このブログのことが紹介されていたのでした。



先日書いた竜王戦のテレビ中継のブログについてですが、次のように書かれています。



 『もう一つはこちら。実はすこし前に知人に「報道関係、かつ非将棋関係者、という人が将棋のことを取り上げているというのは貴重なので、機会があったら紹介してみて下さい』というようなことを言われていたのですが、機を逸していました。ちょっとおもしろい記事だったので、紹介してみました。こんな実況あったら、将棋では前代未聞でしょうね(笑)ぜひ一度見てみたいです』



片上五段といえば、プロになったとき、「東大生プロ棋士」としてマスコミにもとりあげられたので、将棋ファン以外でも知っている人は多いと思います。



新進のプロ棋士に紹介してもらい、恐縮の一語です。



以前にも、同じフレッシュな若手プロの遠山雄亮四段からコメントをいただき、身の引き締まる思いで、いつか遠山雄亮のファニースペースという遠山四段のブログも紹介しようと思って、そのままになっていました。



片上五段は「daichan's opinion」というページでは、テレビの将棋棋戦での感想戦のありかたなどに、まじめで傾聴にあたいする提言もしています。



特徴的なのは、将棋界の若手の渡辺竜王、片上五段、遠山四段といった有望棋士が、ブログで発信し、熱心なファンとのコミュニケーションの場をもち、将棋棋戦やテレビ中継、観戦記のあり方などについて、積極的に発言し、それが将棋界のありかたを少しずつ変えてきているように思えることです。(もちろんブログだけでなく将棋世界などの雑誌でも、斬新な企画に参加したりしていますが)



これは、著書「ウエブ進化論」がベストセラーになり、知的生産のツールとしてのブログの重要性を強調している梅田望夫さんが大の将棋好きで、ご自身のブログでも時々、将棋のことを書かれていることなども影響しているかもしれません。



将棋の指し方を知らない方からは、将棋のことをブログで書くと「また将棋ですか?」という反応が返ってきますが、将棋の面白さというのは、いろいろほかの分野にもつながるものを持っていると思います。



このブログは、テレビのことを書くのが主ですが、将棋のことも、今後とも修行を積んで、書いていきたいと思います。



このブログの将棋関連の過去の記事はこちらへ



関連記事


テレビ番組全般 | 14:06:48 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
こちらこそ取り上げていただき、またお褒めの言葉...
こちらこそ取り上げていただき、またお褒めの言葉いただき、身の引き締まる思いです。これからもよろしくお願いします。
それにしても竜王戦の中継、面白いです。ほぼ「妄想」の世界です(笑)が、何となく私も想像出来てしまいました。

また落ち着いたらばブログで取り上げさせていただきます。これからも将棋のお話を楽しみにしております。
2007-02-22 木 00:54:48 | URL | 遠山 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する