FC2ブログ
You Tube

「B−maga」という衛星・ケーブルテレビ・ブロードバンドの専門情報誌の12月号で、「読者が選ぶ2006年メディアニュースTOP10」という特集を掲載している。これを読むと、「JSAT、スカパー!統合決定」「J:COMがケーブルウエストを買収」という業界のニュースにまじって「You Tube爆発的普及」が第3位に入っていた。



「You Tube」は、ユーザー同士が動画を共有して楽しむサイトで、ユーザーが勝手にテレビ番組をアップロードして問題になっている(ウィキぺディアはこちら)。これには、日本でもコンテンツ関連団体などがファイルの削除を要請するなどの措置をとっているが、閲覧者が全世界で7000万人超というパワーは脅威であり、B−mag読者の放送事業者やメーカー関係者にとっても大きな現象だったようだ。



文化通信社が発行する「文化通信」12月20日号では、日本の著作権権利団体などの要請書に対し、米YouTube社が、幹部を訪日させ話し合いの場を持ちたいーーなどとの回答を送ってきたという。今後の展開が注目される。



関連記事


ブログ・IT | 09:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する