FC2ブログ
風林火山と山本勘助

日曜夜放送のNHK風林火山を見ました。



撮影前夜から絶食してのぞんだという福島役のテリー伊藤の最期 。武田信玄に嫁にきた京からの幼な妻、池脇千鶴の不思議な魅力。谷原章介演ずる今川義元と、山本勘助の対面、などハイライト場面が多く見ごたえがあった。



この番組は、今のところ、勘助の仕官への過程と、父親に疎まれている武田信玄が家督を相続(強奪)するまでのみちの二本を縦糸に展開され、視聴率も22%前後と好調で、私も初回から見ている。



ただ知らなかったのは、主人公の「山本勘助」が果たして実在の人物か諸説あるということだ。



原作小説「風林火山」の作者・井上靖も全集の「自作解題」の中で、「武田三代記」に山本勘助についての記述があるが、その風貌や性格は作者の創作ではないか、と書き、風林火山の勘助も「作者が生み出したものです」と書いている。



架空かもしれない人物を主人公にした歴史ドラマというのも、面白い。



追記)風林火山の視聴率は19%台から22%後半の動きのようです(VR社・関東地区。2月11日放送分は19.3%とちょっと低かったようです。)



関連記事


テレビ番組全般 | 20:51:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する