FC2ブログ
オシムは中村俊輔を呼ぶのか?

サッカーファンにとっては、長〜い冬休みが終わり、オシム・ジャパン(日本代表)もいよいよ始動ですね。



まずは、今月15日からの千葉での合宿。これに呼ばれるメンバー26人は、 スポーツナビ  などによると、9日に発表されるようです。



注目は3月24日に予定されるペルー戦。欧州組の、中村俊輔や、高原、松井、中田浩などが、召集されるかどうかです。



その点では、スポーツ誌「Number」の最新号が、巻頭でやっているオシム監督とのインタビューが興味深いです。



聞き手は杉山茂樹氏。オシム監督の故郷、サラエボまで出かけていき、戦術盤まで持ち込んでのロングインタビューで読み応えがあります。



その中で、オシム氏は、中村俊輔について、ロナウジージョと並べて語り、彼の素晴らしさを認めたうえで、「かつてに比べれば、走るようになっている。良いプレーも見せている。しかし、守れない。彼中心にチームを作れば、問題が生じる」と語っています。



中村がゴール近くで、相手に突破されると、失点のリスクがある。中村のよさをいかすには、脇を駆け上がる選手や、守備をカバーする選手など、チーム全体でフォローが必要であること。よって、中村を入れた場合のプラスと、マイナスをしっかり、考えたうえで、呼ぶかどうかを決めるーーーという趣旨のことをオシム監督は語っています(微妙なニュアンスはNumberをぜひ、読んでください)



中村のような、ある点(パスやフリーキック)で、卓越した優れた点がある選手は、同時にチームの一員として使う場合は、リスクもあるわけで、そこが個人スポーツと違うところ。誰と誰を、どう組み合わせて使うかという采配も、サッカーを見るうえでの楽しみです。



今のところ、欧州組みの召集は、高原、俊輔が可能性が高く、松井も有力といったところでしょうか。個人的には中村を見てみたいが、果たしてどうなるか。



Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2007年 2/15号 [雑誌] 



Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2007年 2/15号 [雑誌]



関連記事


スポーツ | 11:45:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する