FC2ブログ
冬休みも精選模試
大掃除の合間を縫って、精選模試1のリーディング。今は時間を守れないが 、だんだん、スピードをあげ、かつ英文の意味がわかる読み方を習得したい。

TOEIC | 10:45:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
精選模試リスニング1終了
アプリ abcede を使って、500問の学習、それぞれ1回から3回ぐらいの復習を終えました。
500問を繰り返して、TOEIC の問題に慣れたのが、収穫。
次は  精選模試リーディング1を、次回1月の公開テストまでに、できるところまで解くのが、メイン学習。
 頑張るぞ



TOEIC | 08:38:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
模試を解きまくれ
本日も精選模試1リスニング
Test5の半分ほどまで。
年内に精選模試2をやりきりたい。



TOEIC | 20:33:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
リスニングの話者が
201912151301317e8.png

精選模試リスニング1のちょうど半分(test2回半)を終えた。
予想得点が高いのは、過去に間違えた問題の復習を重点的にやったためで、この775点というのはバブル。新しい問題をやると、また690点ぐらいに下がってしまうかもしれない。
それでも、解いていて正解が続出して点数が上がるのは、いい気持ちだ。
なんだか余裕が出てきて、リスニングの話者の区別まで気が回るようになった。英国人女性の声がきれいで、セクシーでファンになった。



TOEIC | 13:09:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
今日も精選問題集リスニング2
Test2のパート4まで終了
ほかの問題集のパート5に手を出したが、いまいち
パート3の問題ができず、予想得点は740から720にダウン
740に壁がある




TOEIC | 22:37:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
100パーセントの理解?
帰りの電車は、スマホの電池切れで、英語学習できず。
帰宅後,精選模試1のパート3を9問。設問は27。
6割のでき。
でも、もっと上げたい。
会話のシチュエーションをつかむのは大事だが、それが難しい時は、一つ一つの設問に答えていくことで、概略が見えてくる。
必ずしも、シチュエーションをつかむことに固執しなくていいかもしれない
いやいや。目標は100パーセント理解することだ。


TOEIC | 23:05:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
朝の通勤時間で
八島さんの 英語の音が聞こえる  速い速度で  パート3と4を復習
精選模試2のパート3を3題  復習

TOEIC | 08:53:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
既出問題集1000の第二弾
きょうは、1月に開かれるTOEIC勉強会にエントリーした。
この勉強会は人気。参加者募集のメールが回ってくるが、いつも半日ぐらい気づかないので、エントリーするときは、定員をオーバーしていて、キャンセル待ちの状態となる。
今回もキャンセル5人目ぐらいだ。
ここで1月からは、韓国で今月に発売される「既出問題集1000」の第2巻を使うという。
早速、韓国のネット売店に注文した。ネットが韓国語と英語(と中国語)なので、発注が大変だ。
英語を読みながら、商品を選び、会員登録し、ディスカウントチケットが使えるかどうかを確かめながら、注文した。まるで、TOEICの問題を解いているようだ。
現地のネットショップなので、価格は割安(リーディングとリスニング合わせて2冊で送料込み4000円あまり)。
来年1月は公開テストも申し込んでおり、この間の成果を点数で出したい。




TOEIC | 19:13:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
予測スコア

アプリ abceed のTOEIC 予想点が予想点が700点までいきました。
といっても、これは、少し下駄を履いた予測点です。
まず、当初はパート3や4で、3問ともできるまでやっていたので、どんな問題でも最終的に3問正解となり、プラスの評価がくだる。
パート5は当初、文法特急をやっていたので、これは、ほぼ回答を暗記しているので、実力以上の高得点となる。
ご覧のように、この二つをやめたら、一時、どんどん、予想点が下落してしまった。
たぶん、650とかが、本当の実力だろう。
それでも、八島先生の 英語の音が聞こえるようになる本をやった効果がリスニングに出ているわけで、うれしい。



TOEIC | 07:07:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
リスニング問題を解きまくれ
パート6の練習をやりながら、アプリ「abceed」を使って、リスニング模試を、どんどん解いている。
設問を15秒のうちに先読みしてから音源を聞いて解く訓練だ。
パート3,4の設問は3題。このうち、最初の設問は、この人は誰? ここはどこ? 何について話しているのか? なぜ、彼は電話をかけてきたのか? など WHO, WHERE,WHAT,WHYを問うもの。 
そして第2,3問は、詳細について問うもの、第3問は、「これから彼は何をする?」などこれからの行動を問うものが多い。
設問3問をざっと読む。といって暗記できなくても、目の前の設問の文書は見れるので、無理に暗記しなくてもいいという安心感がある。
音源を聞くときは、ポイントの一つは、会話や説明などのシチュエーションを素早く理解すること。一体、何を話しているのかが、わからるのが遅いと、ついていけなくなる。音源と先読みした設問をヒントに、なんとか早いうちに、シチュエーションをつかむ。
さらに、設問の答えがワンワードの場合があるので、このキーワードを聞き逃さないようにすることが大事だ。
これらの練習を繰り返した結果、なんとか、6割ぐらいは正解できるようになった。これを7割、8割に上げていく訓練が必要だ。
なお、模試の問題は、神崎先生の「標準模試2」と「標準模試1」それに、評判の高い「新形式 精選模試リスニング 100×5」の第1集を使っておこなっている。
「標準模試」の1と2は、標準的な良問。「100×5」は本番より、やや難しい、ひねった問題が多いように思う。







TOEIC | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)