FC2ブログ
腹痛!
11月22日(金)ごろから、右脇腹が痛い状態が続いている。
じんじんと痛む。特に食事をした後だ。
さらに1ヶ月程前から下痢も続いている。
内科の病院に行き、CTと腹部エコーを撮ったところ、左右の腎臓に結石があるということだが、これが痛みの原因かは、はっきりしない。腎臓については、泌尿器科の医院に行かなければならないという。
また、ほかの原因を調べるため、内科医院で胃カメラの予約もした。
おなかのいたみが続き(鎮痛剤で和らぎはするが)、しかも原因不明とあって、なかなかTOEICの勉強に集中できない、のが悩みだ。



TOEIC | 21:38:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
Part6対策 大里さんの特急で
201911302029107ad.jpeg

リスニングの勉強をしながら、半月ほど前から、リーディング
対策として、「パート6特急 新形式ドリル」(大里秀介など著
)をやっている。
3章まであるうち、第2章までやったが、ここまでは、やや易しい問題のように思う。第3章は「骨のある問題」とあるので、これに期待したい。
ところで、PART6の勉強をすることにしたのは、本番や模試では、PART5で予定(1問あたり20秒)より少し時間をオーバーしてしまううえ、PART6の16問で15分くらいかかって、結局、PART7で大幅な塗り絵(約25問)になってしまうからだ。
PART6を所定の時間(1問30秒、16問で8分)内でこなせれば、「PART7の54問に約55分を残しておく」という目標の時間配分に大きく近づけるだろうからだ。
ただ、この本をやっていると、1問30秒というのは、なかなかきつい。1問30秒というのは4問1セットにつき2分間ということだ。それも、拾い読みでなく、基本的に全文を読んで、4つの質問にこたえるという方法だ。意味がわかるスピードで読むと、どうしても時間が足りなくなってしまう。意味がわかる読みのスピードを上げればいいのだが、一石一朝にはスピードアップはできない。
当面は、2分をタイムリミットとして、時間がなくなってきたら、全体を読まなくてもわかる文法問題は、空欄の前後だけを読んで答える、また、文章挿入問題など時間がかかるものは捨てるなどの決断が必要になりそうだ。
目標は時間内にといて、16問中12問正解だ。ランキングに参加してます、こちらをボチットおねがいします。


TOEIC | 20:39:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
模試に取りくむ
先週のオンライン模試は、今一つの成績だったが、リスニングの音源を1・2倍速で聞いていても、違和感を感じなかったことは、速度になれたことだと前向きにとらえたい。
今週の月曜日から、神崎先生の「標準模試2」の復習を、PART3と4を中心に行っている。

そのためにスマホアプリ「abceed」をダウンロードし、「Ultimited Plus」の会員になって使っている。
このアプリのいいところは、「アプリ学習」ではスマホ上の設問を見ながら、PART3,4を解けること。中でも設問の最初に、15秒間の設問先読みの時間があることだ。この15秒と、設問の紹介文が流れる約5秒の計20秒間に、設問を先読みする訓練ができる。
15秒間あるということは、前の問題の設問3問のうち、3問目の設問が読まれる2秒ほどまえまでに、3問分の答えを記入し終わらないといけないということで、忙しい。
解答をしたあと、すぐ採点ができ、間違っていた場合は、再度挑戦ができるので、ゲーム感覚でやれるのもいい。
全3問正答になってから、解説文をスマホで読み、確認。さらに、あとで、紙版の本を持っているものでは、紙版の本で語句の復習と、音読をするようにしている。

part3,4はリスニングと分類されるが、よく考えると、設問と選択肢を読んで理解するリーディングの力も試されている。そういう意味で、「英語の音が聞こえる」ようになると同時に、英語の文脈を聞き取れて、さらに設問を読みながら、英語の文の中から、該当する答えを推理し、紡ぎ出すという総合的な力量が必要になる。
実際、ビジネスなどの場では、説明者の話を聞きながら、手元の資料を見ながら、話を聞いて、さらに、自分の発言の準備をするなど、聞く、読む、さらに話すや、書く力が、複合的にからみあった力が必要になる。
TOEICの設問や選択肢も、かなりひねったものも多く、単に、リスニングしたなかの答えをそのまま、選べばいいというわけではない。

こういう総合的な力が必要で、それは、八島さんの本を精読したからといって、1ヶ月や2ヶ月で、全面的にTOEICで満点をとれるようになるわけではない。(八島さんの本のすごさ、効力を認めたうえでのことだが)
一歩一歩前進なのだと、前向きにとらえていきたい。ランキングに参加してます、こちらをボチットおねがいします。


TOEIC | 19:59:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
オンライン模試は散々な結果
神崎正哉先生のオンライン模試を、時間のあるリスニングの部分だけ受けた。
この日に備え、「TOEIC L & R TEST 標準模試2」を購入しておいた。
YouTubeに登場した神崎先生は、思ったより若く、イケメンであった。
本番と同じ午後1時から開始。YouTubeからの音声は不安だったので、スマホのアプリでリスニング音声を聞く。
YouTube視聴者は15人くらい。
part1は、割と簡単、素直な問題が多かった。
part2は、それなりに難しく、判断に迷うものもあった。
ここまでは、まあ順調だったが、part3でつまずいた。
設問の先読みがうまくいかず、音声を聞いて、音は聞こえるが、文脈を理解しにくい。
迷っているうちに、次の設問の先読みができなくなる。
おかしい。この1ヶ月、リスニングの練習を重ねてきたのに・・・・・・。
あせる。
part3の音声の理解度は、9月末の公開テストのときは2,3割で、「英語の音が聞こえるようになる本」で1ヶ月特訓した結果(韓国既出問題集をやったとき)は6割くらいに上がったと思ったのに、今回は4割くらいに逆戻りだ。
その調子でpart3が終わり、part4に入ったが事態は好転しない。
ふとスマホを見ると、何と1・2倍速で音声を再生していた。
あわてて、戻して、続きを聞くも、あまり改善しない。
リスニングを終えて確認したら、標準に戻したはずが、あわてて1・1倍にしていた。
ひどい。

後で採点したら、
part1   6分の6
PART2  25分の15
PART3  39分の19
PART4  30分の11

1・2倍速で満点をとれたpart1はまずまず
part2も、よいとして
part3,4は、速い速度で再生したことを差し引いても、だめだ。
正直、少し落ち込んだ。

個々の音は、それなりに聞き取れていると思うが、文脈理解ができないのは、
語彙や、言い回しなどの知識、経験が圧倒的に少ないせいだろうか。
音読が足りないのか?

八島式の本をさらに復習するとともに、
公式問題集などをやりこむのがいいように思うが。
さて、改めて、リスニングに取り組まねば。

テスト後に、YouTubeをのぞいたら、神崎先生が、視聴者(約25人ほどに増えていた)の質問に丁寧に答えていた。無料で、こういう模試をやってくれるのには感謝。
この本の問題も良問そろいのようだし、リーディングを含めて、しっかりものにしたい。 ランキングに参加してます、こちらをボチットおねがいします。


TOEIC | 20:46:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
きょうはオンライン模試会がある日
きょうは、神崎正哉先生のオンライン模試を受けてみようと思う。
本を用意すれば、参加料無料。YouTubeライブを使うって、どうやるのか分からないところがあるが、初参加。2時間みっちり参加できるかわからないが、リスニングだけでも挑戦してみようと思う。
以下は神崎先生のブログから
<<<<<<<<  >>>>>>>>>>>>>>>>
11月17日(日)に第2回TOEICオンライン模試会を行います。
YouTube Liveを使って、TOEICの模試200問をみんなで一緒に解くオンラインイベントです。
ひとりだと、TOEICの模試200問を2時間集中して解くのは難しいという人もオンラインでつながっている学習仲間と一緒にやれば、きっとできます。
参加費無料、申込不要ですのでお気軽にどうぞ。

第2回TOEICオンライン模試会

日時:2019年11月17日(日)12:30-17:30

内容:YouTube Liveで繋いで、みんなで一緒にTOEICの模試200問を2時間で解き、その後YouTube Liveのチャット機能を使ってQ&Aを行います。

スケジュール:
12:30-13:00 放送開始、接続確認、音声確認、流れの説明
13;00-15;02 模試200問を一気に解く
15:02-15:30 各自答え合わせ、休憩
15:30-17:30 Q&A

使用テキスト:『TOEIC L&R TEST 標準模試2』



注意:アマゾンでは在庫切れになることが多いので、街の本屋さんでご購入下さい。


ランキングに参加してます、こちらをボチットおねがいします。


TOEIC | 07:40:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
浮気はしません? 
八島式 「英語が聞こえるようになる本」の最後のページには、この本を一通り終えても、1ヶ月くらいは、ほかの問題集に取り組むのでなく、この本の復習をしてください。英語の音や単語、意味を知っている文を、何度も繰り返し聞くことが、リスニング力アップにつながる、という意味のことが書いてあり、ほかの本への浮気を戒めています。
もちろん、この本の復習を11月中は少なくとも続けますが、ほかのリスニングの本もやってみたい。
というわけで、昨日から「サラリーマン特急 新形式リスニング」に取り組んでいます。
これなら同じ八島さんの本なので、浮気にならないのでは、と思うのですが、どうでしょうか。

20190810201046800.jpg


TOEIC | 12:29:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
世界で一つの(?)文法特急
20191109170602824.jpeg

 できました。世界で一つ(?)の「1駅1題 新TOEIC TEST 文法特急」(花田徹也著)。
 電子化のため裁断したものがメルカリで売られていたので、それを購入。改めて背表紙と、各ページをボンドで接着させて本にしたものです。背表紙もでこぼこして、少々不細工ですが、これが、多分、世界で一つの「文法特急」です。
 どこが違うかって? 単なる不細工な本じゃないかって?
 実は、再製本するときに、各ページの順番を、「品詞」「態」「関係詞」「語法」「文脈」など問題のカテゴリー別に集めたものです。こうすると、PART5,6の文法問題の種類、類型がわかりやすく、頭が整理しやすいのではと思ったのです。
 えっ、カテゴリーが分かっていては問題として、簡単になってしまうじゃないかって。まあ、そういう面もありますが、一つこういう本も欲しかったのです。
 これから、この文法特集を使いたおして、みたいと思います。


TOEIC本 | 19:05:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
ジョギングしながらリスニング
11月2,3,4日の3連休は、午前中に自宅周辺の約7㌔ほどをジョギングとウォーキングを取り混ぜて散歩しながら、スマホで「八島式 英語が聞こえるようになる本」のpart4の音声を聞きました。
散歩の途中で喫茶店に入って、スマホで英語を聞いたり、八島さんの本をチェックしたり、音読をしたりの日々。
この本のpart4の音声は、総じてpart3より速いのですが、英語の内容は、それほど難しくなく、新たに発音の難しい語句がたくさん出てきたわけではありません。な
何度も学習を繰り返せば、ある程度を聞き取れるようになると期待しています。

またこの本には総復習用に1・3倍~1・5倍速の音声も入っています。これも時々、聞いているのですが、1倍とそんなに変わらない(1倍で聞こえるものは1・3倍でも聞き取れるし、1倍で聞き取れないものは1・3倍ではなおさら聞き取れない)感じがします。
要は、文章の意味や、単語や前置詞の意味、語句や文節の発音ををきちんと理解したものを、何度も聞くことが、重要なのだと思います。

散歩と喫茶店での休憩も合わせて4時間ほど(英語をやっているのは、そのうち2時間ほどですが)。さすがに、くたくたになりますが、体力の衰えを回復し、太りすぎの体をもとに戻すのには、よい運。動になります。
人生100年時代。TOEICを続けるためにも、まず健康維持と体力増強に努めなければ。TOEICの1月12日の公開テストに申し込むと同時に、12月8日に都内で開かれるランニング大会の10㌔の部に申し込みました。こちらは目標は1時間を切ることです。
英語とランニング、ともに続けたい。
ランキングに参加してます、こちらをボチットおねがいします。


八島式「英語が聞こえるようになる本」 | 20:21:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
PART4の練習問題
「八島式 英語がきこえるようになる本」。PART4の最後にある練習問題に取り組みました。4問で設問数は計12。
読み上げのスピードが速いですね。そんなに難しい単語は少ないのですが、早さについていけないと、一つ一つの単語は聞こえても、意味を理解する前に、次に進んでいって、単語の羅列が記憶に残るだけ(というより記憶に残らない)に近い状況です。
途中から、設問の前読みは諦めて、音声に集中。設問12中、なんとか6問は正解しましたが、これではだめですね。3問中確実に2問が正解する割合を確保(12問中8問正解)しなければ。
スクリプトを読んでから、音声を聞くと、ほとんどの音は聞き取れるのですが、それではだめです。
10月はほぼ、八島さんの本だけの勉強でしたが、今後1ヶ月は、この本の復習と、別の何かの勉強の2本立てで進みたいと思います。
TOEIC試験は、迷っているうちに12月の申し込み締め切りを過ぎてしまいましたので、次は来年1月12日の試験を申し込みました、
さあ、新しい月を頑張ろう。

ランキングに参加してます、こちらをボチットおねがいします。


八島式「英語が聞こえるようになる本」 | 11:05:00 | トラックバック(0) | コメント(0)