FC2ブログ
TOEIC講師陣が被災地支援 緊急チャリティーセミナー
TOEIC の Rabbit 先生のブログ によると、被災地支援を緊急チャリティーセミナーを開くそうです。文法特急で、私もお世話になっている花田徹也先生が一個人として被災地におもむきボランティア活動を行っているのは、ブログを拝見して知っていましたが、それに賛同するTOEIC仲間たちが、企画したようです。
場所も特急シリーズを出している朝日出版さんが手配してくれたようです。
私も参加したいのですが、あいにくこの日は、以前から別の集まりを予定しており、行けません。講師も花田、Rabbit 両先生らが率先して行うようで、熱気と密度の高いものになりそうです。
ほかのイベントがあれば、ぜひ参加したいと思います。
以下はRabbit先生のブログからコピーしたチャリティイベントの概要です。

【日程】 2019年11月8日(金) 19:00から
18:30:受付開始 19:00-22:00:講義
【場所】 朝日新聞東京本社2Fの朝日新聞読者ホール
東京都中央区築地5-3-2(大江戸線築地市場駅A2出口から徒歩1分)
【内容】 TOEICのセミナーです
※詳細は未定ですが、花田先生とRabbitの登壇は決まっています。
【募集】 最大で100名程度
【募集方法】 後日決定します

それにしても、TOEIC先生たちの行動力はすごいですね。 ランキングに参加してます、こちらをボチットおねがいします。


チャリティー | 22:09:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
自宅でリスニング模試
本日は、TOEIC公開テストの日でしたが、小生は、自宅で学習。
まずは「八島式 英語が聞こえるようになる本」のPART4のレッスン3「アナウンス」の勉強。
「In just  under」 や「we'll   be  hosting」などが聞き取れなかったが、全体の文脈はまずまず聞き取れた。
続いて午前11時過ぎから、自宅で、リスニング部分の模擬試験をやった。
教材は、韓国本の「既出問題集1000 リスニング」。
TOEICの公開テストで実際に出た「既出問題」集らしい。
1冊でリスニング10回分が入っているお得な問題集だ。(解説は韓国だが、読もうと思えばグーグルの翻訳アプリをダウンロードして、おおまかな翻訳ができる)

この問題集をやるのは初めてで、このうちTEST1をやった。
part1は、意外にそんなに難しくない。
結果は
part1 全問正解で6/6
part2   は21/25 ここまではよかったが
part3 25/39
part4は、まだ「英語が聞こえるようになる本」で学習の途中だが
       14/30と半分に届かない。
合計は66/100だった。
Part3,4のほとんどが聞き取れなかったこれまでと比べると大きな進歩だが、まだまだだ。
そのPART3,4で 間違いが多かったのは、図表問題。
図表が出てくると、それに考えが集中してしまい、どうしても キーワードを「待ち構え」てしまう。それで、大意がとれず、うまくいかない。
特に、今回の問題の中には、図表にからむ会話が、最後のほうまで出てこない問題があり、
キーワードを待っているうちに、前半部分はよくわからないまま終わってしまう。
「英語の音を聞こえるようになる本」の精神に戻って
まず英語(会話やアナウンス)の意味をきちっと聞き取り、その上で設問を解くようにしなければならない。

模擬問題を終わったあと、八島本に戻って、PART4の図表のある問題(レッスン4)をやった。
図表問題のパターンは限られているようなので、英文を聞き取れるようになり、そのうえで、問題解法のパターンを習得すれば、なんとかいけるのではないかと思った。

20191027222613789.jpeg

ランキングに参加してます、こちらをボチットおねがいします。


自宅でTOEIC模試 | 22:16:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
公園のベンチで音読
八島式「TOEICの英語が聞こえるようになる本」。
本日は、近くの公園に行き、PART4のlesson1とlesson2の、音読を行った。
公園のベンチに座って、ぶつぶつ言っている男性を、公園で野球をやっていた子供たちは不審な人がいると、思って見ていたのだろうか。
この本のPART3とPART4の間の段差は、part2までとpart3との間の段差ほどはない。
一人の人が、長く話しているが、言葉の音は(あまり知らない単語以外は)なんとか聞き取れる。問題は、その音の意味を、聞きながら、きちんと理解し、短期記憶できるかだ。
part4の音読では、「話者の発するサインを聞き取ること」「話者が(文節)の最後を上げ調子にするのは、この先に言いたいことが残っているというサイン」「名詞がカンマで結ばれていたら同格。カンマの部分は、一瞬のポーズがあるので注意」などのアドバイスが著者によってなされており、ためになる。なるほど、単語や文の発音だけでなく、イントネーションや「間」にも注意しなければいけないわけだ。
また、話者になりきって、まるで演劇の台詞を話すように音読の練習をすると、文の音と意味が結びつきやすくなる気がする。
あすの公開テストは、申し込んでいない。自宅で、同じ時刻に、買ってある模試を解こうかと思う。



八島式「英語が聞こえるようになる本」 | 20:50:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
八島式「英語が聞こえるようになる本で」で知ったThereの発音!
八島式「TOEIC L&R テストの 英語が聞こえるようになる本」には、目からうろこの指摘がいくつもあるのですが、その中でも「えっ、そうだったのか」とうなったものが、「there」や「they」「the」などに絡む発音です。
これまではもう何十年もの間、それぞれ「ゼア」「ゼイ」「ザ」というような発音だと思っていたのですが、
八島さんの本では「デァ」「ディ」「ダ」に近い音であると書かれています。
具体的には(文脈によって発音は微妙に異なるようですが)
while  I'm  there が wアラmデア
There’s a    が     デァリザ
They'll          が  デゥ
to  the                が   ウォダ

さらにthese は なんと ディ と表現されています。
PART3の会話の中で アメリカ人の女性が「That would be lovely」
という印象的な場面がありますが、
これは最初、私には「Lovely !  Lovely!」と聞こえたのです。
これはThat  が ダ と発音され 「ダッwビ ラブりぃ」という感じで
聞こえたので「ラブりぃ」が二回と聞こえたのではと推測しています。

八島さん(OJiM)さんには、小生の昨日のブログ記事にわざわざコメントをいただき、恐れ多い気持ちですが、著者が読んでいると思うと、この本の学習をさぼれなくなったわけで(笑)、そういう意味では、大いにやる気につながり、ありがたいです。ランキングに参加してます、こちらをボチットおねがいします。


リスニング | 23:24:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
雨の日も風邪の日も
先週は14日が祝日だったものの、火曜日から金曜日まで仕事し、さらに土曜日出勤もしたので、ついに風邪をこじらせ、日曜日(20日)と即位の礼の日(22日)ともに、ほぼ一日寝ていました。なかなか直らないので、本日(24日)は会社を休んで、近くの総合病院で診察をしてもらいました。
 MRIをとったのですが、あの「ゴトン、ゴトン」という音はいつ聞いても嫌ですね。
 検査結果を聞くときは「もしや」と、緊張しましたが、大きな脳梗塞や脳出血は発見されず、本当に本当に、安心しました。
この間に、八島式「英語が聞こえるようになる本」のPart4を2問やりました。
雨の日も、晴れの日も、とにかく1ミリずつでも、前進ですね。ランキングに参加してます、こちらをボチットおねがいします。


TOEIC | 21:41:00 | トラックバック(0) | コメント(3)
映画  チャーチル  見ました
20191022102623bf7.jpg

英語の勉強も兼ねて映画「チャーチル」をAmazonプライムで見ました。
英語の聞き取りより、物語の進行に気をとられてしまいましたが、演説草稿にこだわるチャーチルの姿が描かれ、興味深い映画でした。ヒットラーと戦うか、屈するか、決断する前に、英国王が訪ねてくるしーんもありました。チャーチルが地下鉄に乗って、市民の意見を聞くシーンは捜索らしいです。今度は原作の  DARKEST  HOURを読んでから見てみたい。
写真は映画のエンドロールから

ランキングに参加してます、こちらをボチットおねがいします。


映画DVD | 10:42:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
9月のTOEICテスト結果発表される
やはり本日(10月21日)の正午ごろから、ネットに結果がアップされたんですね。
私は12時05分ごろにアクセス。
初受験なので、ネットを見るのもドキドキ。
リスニング270
リーディング315
計585点
8月から英語の勉強をはじめて 2ヶ月でこの結果。
リーディングで塗り絵が大幅にあったわりには、予想より良かった。
ちょうど「TOEICの日」が一昨日終わったばかり。
心機一転、今日から、勉強を再開しよう。


ランキングに参加してます、こちらをボチットおねがいします。


TOEIC | 12:11:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
テストの結果発表?
本日は、TOEICのホームページを見たら、なんと、テスト結果を確認のボタンが、有効になっている。うーん試験から17日目に結果を通知は、確か10月受験からだったはずだが・・・・・・。
これは抜けうちのサプライズ・プレゼントか。でも、結果を知るのはこわい。
おそるおそる、IDとパスワードを打ち込んだら、「表示するテストはありません」
なんだ、こういう仕組みになっているのか。TOEIC初受験は、勝手がわからず、一人でどきどきしていた。
でも、結果予想は480点から530点ぐらいだから・・・。今は点数に一喜一憂せず、500点に届かなくても、これをスタートと思い、やればいい。
TOEICの、テスト力強化の本はいろいろと読んできたので、当面はTOEICの点数をあまり気にせず、基本の「英語力」をつけるしかない。
ランキングに参加してます、こちらをボチットおねがいします。


TOEIC | 22:08:14 | コメント(0)
ひとまずpart3を通過
  いろいろと他の参考書をやりたい欲はあるが、1周やり終えるまで、脇目もふらず(結構、脇目をふっているが)八島式「英語が聞こえるようになる本」をやるしかない。
 難題のpart3の最後の練習問題4問(設問へ12)をやる。最初の2問は5勝1敗。おおいいね、と思ったら次の2問は3勝3敗。正解したものも、文章の聞き取り度は5割くらいで、「英語が聞こえる」にはほど遠い。
 それでも、以前とくらべれば、何ミリかは前進している。リスニングは1ミリずつ進むしかない。

本日は、仕事のほうも、大きな山を越えた。
「英語が聞こえるようになる本」は、ずいぶん長くやっているようでも、まだ17日。part3の音読はこれからもやらなければならないが、さて、次はいよいよ最難関のPart4だ。
ランキングに参加してます、こちらをボチットおねがいします。


PART3 | 21:48:00 | コメント(0)
きょうも懲りずに八島式リスニング
20191013114031070.jpeg

13日になって、台風19号の被害として、各地で河川の氾濫が報告されている。当初は神奈川や東京があぶないと言われていたが、長野や宮城、福島など広範囲に被害が拡大されており、心配だ。
こんな中だが、きょうも八島式「英語が聞こえるようになる本」。扉には「学ぶ人は変えてゆく人」との言葉がある。
PART3の問題はかなり難問で、あまりに聞き取れないので「今までやってきたことは何なんだ」と、めげますが、この壁を越えないと「何も変わらない」と覚悟して、きょうもpart3(特に難問の第4問)の音読を続けます。
0.8倍の低速音声も付属していますが、それでも聞き取れないものは、アプリを使って0.6倍や0.5倍にすると、さすがになんとか聞き取れます。
難しい箇所としては
I'm sure there's a lot of other stuff that could be disposed of at the same time without causing any problems.

(これ以上問題が生じないように、一緒に片付けられるものが他にもたくさんあるはずだ)
聞き取れるまで、音読、聞き取りをするしかない。
ランキングに参加してます、こちらをボチットおねがいします。


PART3 | 11:46:00 | コメント(0)
次のページ