FC2ブログ
飯島愛さんブログに2万9529のコメント

「ネットの話題」というブログでも書かれていますが、飯島愛さんのブログ「飯島愛のポルノ・ホスピタル」への読者のコメント書き込みが、もうすぐ30000万件に達しそうです。



正確には現在(12月30日9時45分)で29529件。



フアンの書き込みでは、この飯島さんのブログを本にして出版してという声が高まっており、どこかが出版化するのではと思います。



フアンの人の中には、数回もコメントを書いている人や、もしかして天国で(?)飯島さんが更新しているのではと、何度も見に来る人もいるようです。





ブログ・IT | 09:48:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
台湾では自由化のシンボルだった飯島愛さん 都内で密葬

元タレントの飯島愛さんの死が、台湾で話題騒然となっているという読売新聞のニュースは、興味深いです。



記事によると、台湾では、愛さんの著書「プラトニック・セックス」が15万部も売れ、飯島さんが台湾を訪れた時は、大変な歓迎を受けたそう。



今回の悲報も台湾の有力紙は一面で報じ「すべての男性の恋人」とコメンテーターが追悼の言葉を述べているという。



さらに毎日新聞によると、台湾では90年代初頭に文化や社会の解放が進んだが、そのころアダルトビデオが紹介された飯島さんは「文化や表現の自由の象徴」となっていたという。驚きだ。



またスポニチによると、共同通信の記事として台湾市内のCD店には飯島さんの専用コーナーもできたという。



彼女の活動は東アジアへの広がりを持っていたということだろう。



また、同じスポニチ、やiZaでは飯島さんの密葬が26日、都内で行われた報じています。





                      BS11のホームページはこちら





ブログ・IT | 23:14:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
飯島愛さんブログに2万超す追悼

昨日、死亡していることがわかった元タレント飯島愛さんのブログ「飯島愛のポルノ・ホスピタル」の最後(12月5日)の記事に、フアンが書き込んだコメントの数が、25日午後7時ごろに、20、000を超しました。



書き込みは、愛さんを追悼し、「好きでした」「お疲れ様でした」「来世でまたTVに出てください」などという内容のものです。



フアンの人たちは、ほかの日のブログも読んでいるのでしょう。ほかの日の記事にも、コメントの書き込みが増えています。



それにしても、この数の多さは、彼女の人気ぶりをうかがわせます。



これだけのフアンがいるなら、もう少しゆったり休んだあと、改めてタレントでなくてもいいから何らかの活動をしてほしかったようにも思います。



主なきブログが、追悼の書き込みの場になるというのは、今のネット時代ならではのことでしょう。



警察の解剖では、病死か自殺かの結論は出ず。室内に睡眠導入剤はあったものの、医師の処方したものだそうです。また遺書はなかったとのこと。



詳しくは病理検査などでさらに死因を調べるようです。



死後約1週間だそうですが、そのころ愛さんに何があったのか?



また1週間も気がつかなかったというのは寂しいですね。仕事を持っている人や、家族が近くにいれば、すぐ異変にわかるのでしょうが、定まった仕事をもたない一人暮らしでは、こういうこともめづらしくないのでしょうか。



なお、飯島さんの著書「PLATONIC SEX」は、アマゾンの本のベストセラーで2位(25日午後7時現在)になっています。配達は2〜5週間後のようです。(K)





                              BS11のホームページはこちら。





ブログ・IT | 19:01:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
飯島愛さん ブログにはコメント殺到 死後1週間?

元タレントの飯島愛さん(36)が都内の自宅のマンションで死亡しているのが見つかったというニュースにはびっくりしました。



iZAなどによると、警視庁の調べでは目だった外傷がなく、死後数日たっているとのことです。



ここ数日、連絡がとれないのを不審に思った知人が発見したということで、警視庁では、事件性はないと見ているということは、病死か自殺ということでしょう。



警視庁は遺体を行政解剖し死因を調べるようです(TBSニュースなど



搬送されるところを見た人が「ものすごく苦しそうな表情だった」と語ったようですが、すでに亡くなっていたわけです。



飯島愛さんのブログである「飯島愛のポルノ・ホスピタル」 は、12月5日で更新がとまっています。それまでは12月1日、2日、3日、4日と連日更新されています。



12月5日のブログでは「凄い人だったよ。」と題して2枚の写真が並べられています。これは「ニコニコ大会議2008冬」というイベントの写真のようです(ITメディアニュースなど)



主のいなくなったブログには、ニュースで飯島さんの亡くなったことを知った人たちの追悼のコメントが殺到しています。



午後9時10分過ぎで、このコメントの数は910ほど。さらに、どんどん増えています。(午後10時35分すぎでコメント数1563)



内容は「ご冥福をお祈りします」「今までお疲れさまでした」「今はゆっくり休んでください メリークリスマス」「心にポッカリ穴あいちゃった」などなど・・・・・・



(注 24日23時35分現在でコメント数は2033と表記されています。ただ画面で読めるコメントは18時09分のものが最新です。これは、承認が遅れているのか、私の読み違いなのか。25日午前8時現在で、コメント数は7042に達しています! コメント数は25日午後1時すぎで1万4231。フアンのかたがたの追悼帳のような形になってきました)



飯島さんは12月6日に栃木県内で開かれたエイズ啓発のためのイベントに、元気な姿を見せていたという報道もあります(JーCASTニュースなど)。



2007年3月末に、腎臓などが悪くなったという理由で引退してから、いったいどんな生活を送っていたのでしょうか。



それにしても、本当に死後数日だとすると、その間、定期的に連絡をとっている人がいないとも言え、なんだか、さびしい話です。



飯島愛さんの著者でベストセラーになった「PLATONIC SEX」はアマゾンで、本のベストセラーの10位にはいっている(午後9時半現在)のも、飯島さん死亡のニュースが入ってからの反応でしょう。(25日午後7時現在でベストセラー2位です。)



PLATONIC SEX (小学館文庫)



PLATONIC SEX (小学館文庫)
価格:¥ 500(税込)
発売日:2001-08



ほんの一年半ほど前には、テレビに連日出ていたのに・・・



クリスマス・イブの日に発見されるなんて、いまは、とにかく冥福を祈るしかない。(K)



金スマで「占い師に3年後に死んじゃう」と



(追加1 ほかのブログでは、2001年にテレビ(金スマ)に出演した飯島さんが「台湾の占い師に3年後に死んじゃうみたいなこと言われた」と話している映像などもアップしています(ニュースすてんしょさんなど。ただし、2001年放送の3年後って2004年なので、これで大騒ぎしないほうがいいと思います)



病死?



(追加2 読売新聞ニュースでは、警視庁渋谷署の話として、病死の疑いが強い、と報じてい



ます)



死後約一週間  遺書なし



スポーツニッポンのネット速報によると、飯島さんは死後約一週間が経過しているそうです。



解剖で死因は特定できず、室内に遺書はなかったということです。一週間というと、12月17日前後に亡くなったといことになります。



ブログの最後の更新が5日で、6日のイベントに出ていたということですから・・・その後、亡くなるまで10日ほどありますが、この間の行動はわかっているのでしょうか。



その後の動きはつづき愛さんのブログに追悼コメント2万件超す!、こちらに



BSイレブンの年末年始番組情報はこちら









ニュース・報道 | 21:16:58 | トラックバック(0) | コメント(1)
年末年始番組

BS11の年末年始特別番組のラインナップが発表されています。



http://www.bs11.jp/enjoyment/2008-2009/



普段は会社で、テレビも断片的にしか見ないお父さんも、年末年始の休日にはテレビのリモコンをにぎる機会も増えそう。その時に、いわゆる「おせち番組」とちょっと違った番組があれば・・・。大晦日の報道総括などもあります。お楽しみに。(K)









BS11 | 13:57:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
渡辺竜王、奇跡の逆転は「予想通り」?





きょうは、趣味の将棋の話題。昨日行われた竜王戦で24歳渡辺明竜王は、羽生善治名人(38歳)の挑戦を4勝3敗で退け、竜王位5連覇を成しとげ、永世竜王位を獲得した。



「奇跡の逆転」と書いたのは、この勝負、挑戦者の羽生が○○○と3連勝して、自身の永世竜王獲得に王手をかけた。そして4戦目も、渡辺の王を、自陣から敗走させ、「渡辺、投了か」と皆が見るところまで追いつめたからだ。その第4戦を、渡辺は「打歩詰め」という高度な技で奇跡の逆転をした。さらにその後、2連勝して、羽生から見ると○○○●●●と3勝3敗の対に追いついた。



そして迎えた第7戦も一時は、渡辺の王を挟撃し、羽生優勢、渡辺絶対絶命ともいえる場面に追いつめた。そこから、最後は、控室も「ここからは見守るしかない」という1分将棋の死闘を勝ち抜き、渡辺が逆転勝利したのだ。タイトル戦での3連敗からの4連勝は、長い将棋界でも初めての快挙という。



ところで、これが「予想通り」と書いたのは、雑誌「将棋世界」12月号の、竜王戦展望座談会で3人の棋士の中で2人が4勝3敗で「渡辺勝ち」を予想していたからだ。



将棋世界 2008年 12月号 [雑誌]



将棋世界 2008年 12月号 [雑誌]
価格:¥ 750(税込)
発売日:2008-11-01



 座談会に出ていたのは、羽生から王位を防衛した深浦康市王位、羽生とのタイトル戦連戦を経験している佐藤康光棋王、若手の橋本崇載七段。



この中で、深浦と橋本は「渡辺の4勝3敗で防衛」と予想、佐藤は「4勝2敗か4勝3敗で羽生の勝ち」と予想している。



将棋界全体では、またフアンの中でも、羽生勝ちの予想が多かったと思う。それだけ、羽生の勢いがあった。この座談会でも佐藤は「一般フアンには、羽生ノリの声が多いはずですよという質問に、『若手棋士の中にも第6局を見に行きたいけど、あるかなあ?なんていっている人がいた』」と話している。第6局がないということは、4連勝か4勝1敗で羽生が勝ち、渡辺は一勝もできないかもということだ。



普段は、負けん気の強い渡辺竜王自身もインタビューで「当然、羽生さん有利と見る人が多いでしょう。羽生さんが力を出してくることは間違いないので、七番勝負を盛り上げることができるかどうかは、僕にかかっている。どこまで食いついていくことができるか」と謙虚に語っている。



その中での、深浦、橋本両氏の予想は、「羽生に負けないでほしい」という気持ちも含まれての予想だろうが、ぴったり的中していて面白い(といって、3敗後の4連勝は予想していなかっただろうが)。



両雄、本当に御苦労さん。こういう劇的なドラマを見逃すのはもったいない!将棋フアンが増えることを願いたい。



BS11の囲碁番組「早碁!九路マッチ」 もお忘れなく。(K)



追伸 渡辺竜王も自身のブログで早速、感想を書いています。











将棋 | 08:23:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
キム・サムスンさん お久しぶり

BSイレブンで「私の名前はキム・サムスン」を1月8日から、放送するというのは、一韓国ドラマフアンとしてうれしい限りです。



主人公のキムサムスン役をやるキム・ソナさんの、あのむちっとした容姿がまた見られるのですね。



それに、相手の美青年社長役のヒョンビンの、あの生意気なところが格好いい。



このドラマは、韓国版の「ブリジットジョーンズの日記」的なところもあり、決して美人とはいえないが、心は優しく、活動的なキム・サムスンがみどころ。



映画の中では、「キム・サムスン」という名前をいうとみんなが笑うところがあります。



韓国で、もっともありふれた名前なので、キム・サムスン自身も何度も改名したいと思っているという名前ですが、韓国語では「金三洵」と書くようです。



キム・サムスンはパティシエ役で、彼女のつくるケーキなども注目ですね。



それから確か、ヒョンビン演ずる社長が経営するレストランの、女性支配人役である ヨ・ウンゲさんは、「銭の戦争」でポン女史としても熱演していました。







BS11 | 18:49:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
月刊「現代」 最終号







月刊 現代 2009年 01月号 [雑誌]月刊 現代 2009年 01月号 [雑誌]
価格:¥ 950(税込)
発売日:2008-12-01
先週火曜日のインサイドアウトでも話題になった、月刊「現代」の最終号。赤い目立つ表紙で、内容もたっぷり。



「42年間、ご愛読ありがとうございました」という表紙の言葉どおり、これまで「現代」を舞台に健筆をふるってきたノンフィクションライターたちの力作や、作家の重松清さんの月刊現代42年を振り返った「月刊現代は何を伝えてきたか」など、盛りだくさんです。



以前、インサイドアウトに出演してもらった加藤仁さんが、故・城山三郎の人生を振り返る力作の後編も載っています。読んでみると、城山さんが、戦争中の体験をひきずりながら、なかなか世間的に理解されない中で、うまずたゆまず「辛酸」や「落日燃ゆ」「鼠」といった傑作を書き続けていった様子が伝わってきます。



会社の下の書店で売り切れ、渋谷の書店でも売り切れ、神田神保町の書店でようやく購入できました。てもとに、おいてとながく読みたい本です。



PLAYBOY (プレイボーイ) 日本版 2009年 01月号 [雑誌]
価格:¥ 1,000(税込)PLAYBOY (プレイボーイ) 日本版 2009年 01月号 [雑誌]
発売日:2008-11-25



それと月刊PLAYBOYも、今月号で最終号。こちらも「PLAYBOYと私」という題で、カメラマンの藤原新也さんから、石田えりさんまで、多くの人が文章・言葉を寄せています。



ヌード写真だけでなく、開高健さんの「オーパ!」をはじめとする硬派なルポルタージュの傑作も数多く、世に出した雑誌です。



一冊の雑誌をつくるのに、ふんだんにお金と暇と、人を投入し、それが受け入れられた時代だったのですね。



お笑いやスポーツ、ドラマもいいですが、時代とがっぷり組んだ作品の、発表の場が少なくなっていくのは、さびしいものがあります。



講談社では月刊現代にかわるノンフィクション系の雑誌はこれからも出すそうなので期待したいところです。(K)







インポート | 10:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
BSデジタル4582万台

NHKの調査によると、BSデジタル放送の普及台数は、11月末で4582万に達しました。



去年の今ごろ、郷ひろみさんの”3000万”の歌が、BSテレビで流れていたのを考えると、この1年で1500万増、1.5倍になったわけですね。



10月末と比べ、142万の増加。金融危機の中でも、デジタル・テレビやデジタルDVD録画機は、売れているということでしょうか。12月にさらに期待したいところ。



最近、私の知り合いが、NHKの地上デジタルのコールセンターのアルバイトを始めました。「完全デジタル移行まで、あと951日」といった文字が、新聞のテレビ欄にも、毎日掲載されるようなり、視聴者の関心も高まりつつあるようです。(K)







BSデジタル放送 | 17:05:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
ビッグ3迷走

本日のゲストは、元財務官の内海孚氏です。ビッグ3の政府支援は直前にご破算になり、日経株価は急落、ドルは急落(円高)し、またまた世界経済に暗雲が。ドル基軸は保たれるのでしょうか。オバマ新政権の経済閣僚もよく知っている内海さんのお話は、きょうならではの、興味深い内容になることは必至です。(U)





インポート | 20:18:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ