FC2ブログ
小田実氏 死す さあ、何でもやってみよう

作家の小田実氏の死亡記事が、参院選の結果を告げる月曜日の朝刊に掲載されていた。



私が小田氏の評論を読んだのは、高校生か大学一年のときだったと思う。



「難死の思想」という難しい評論集であった。



その後、彼の初期からの小説や評論をかたっぱしから読んだ。



その中に有名な「何でも見てやろう」があった。これは、フルブライトの留学試験に受かった大学生・小田が、ものおじしない態度で渡米し、帰路、アジアを回って日本に帰ってくるまでの話だ。



ブロークン・イングリッシュで堂々とアメリカ人と語りあい、白人女性を堂々とナンパし、米国のコンフォーミズム(画一主義)を憂い、インドでは安宿にとまり、アジアについて考える。



アジアでは、苦い思いもするが、全編に明るく、エネルギッシュな行動力が満ち溢れる。



関西出身らしく、まあ、まず何でも見てやろうじゃないかという思想だ。



(彼は帰国後、有名なべ平連を立ち上げる)



彼の生涯のテーマは、少年時代に、空襲の下を、歩き回り、死体をいくつも見た体験だ。



戦争を大所高所からでなく、ゴキブリのように無駄な死を強いられる、庶民の立場で体験したことだろう。



戦争にいくら大儀があっても、虫けらのように抵抗もできず、空襲で殺される庶民にとって、戦争は悪である。



戦争や国家に対する突きつめた思考と、それと裏腹のような、楽天的な行動主義(本当は虚無的な行動主義なのかもしれないが)が結びついていた。



この楽天的・行動主義は、当時・青春時代をすごした若者の、多くを励ました。



10年ほど前に、復興をめざすカンボジアに取材に行ったとき、夜、ぼろぼろのホテルの一部屋で「何でも見てやろう」を読んだが、書物の言葉が、身にしみてきて、とても充実したときをすごせた思い出がある。



小田さんは、なくなったが、なんだか、生きているわれわれを励ましてくれる気がする。



中高年になっても、さあ、何でも見てやろう! 何でもやってみよう! じゃないか、と。



最近の小田さんの著作はほとんど読んでなかったが、これを機に読んでみようかなと思う。



小田さんのような若者(中高年でもいいが)と、世界を回るテレビ番組など作れたらいいなと思う。





| 23:06:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
アジア人・中村俊輔はイランで大人気

週刊「サッカー・ダイジェスト」の7月31日号に面白い記事があった。



アジアの各国ジャーナリストがオシム・ジャパンについて論評するページ。



その中で、イランのアミール・ダフレソブという通信社の記者は日本の中村俊輔について「正確無比なセットプレーを持つ彼はイランで絶大な人気を誇る。国民的英雄のマハダビキアやカリミを上回るかもしれない」と書いてあった。



読んだとき、一瞬、これは文章の間違いかなと思った。なぜ、日本の選手が、イランで国民的英雄より人気が高いのか?



でも読んでいくと間違いではないらしい。



「イラン国民の週末の過ごし方は、セルティックの試合中継を見ながら中村に応援を送ることだ。スコットランド年間MVPに輝いた中村はアジアの誇りだ」という。



なるほど。これもテレビ中継の力だろう。



イランから見るとスコットランドは、そう遠くないヨーロッパの地であり、そこで活躍する中村は、アジアの同胞なのである!



われわれがイランの国民に対して持つ親近感以上に、イランは日本に対し、アジア人としての親近感を持っているということのようだ。



ワールドカップの予選を考えても、われわれはアジアの一員で、アジア予選を勝ち抜かなければ、ワールドカップには出られない。



アジアのチームはライバルであり、広い意味では同胞なのだ。<K>







スポーツ | 22:35:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
続投宣言はフライング!?

昨夜、テレビの選挙番組を見ていて気にかかったのは、安倍首相の続投宣言が少し、早すぎたように思えたことだ。



首相がテレビのインタビューに応じて、選挙の総括をし、続投宣言をしたのは午後10時から11時台の間だったと思うが、この時点で、自民の大敗はわかっていたが、自民の議席数が32とか33とかの過去最低レベルなのか、39ぐらいなのか、負け具合はまだ確定していなかった。



その時点で、「反省すべきは反省する」「美しい国づくりを進めることが、私の使命」と言うような意味のことをいっても、肝心の国民の審判の度合いがはっきりしていないのでは、選挙結果を受け止めてというより、開票前から、続投の意思を固めていたのではと、思われてもしかたない。



自民の議席がほぼ確定した時点で、それでも続投かどうか、表明すべきだったのでは。



続投の是非の前に、続投表明の時間に違和感を感じた。これは自民の舛添議員も指摘していたが、ややフライングではないか。



あと、民主の菅議員が、首相の続投に対し、政治家として識見が問われるというような発言をして、チクリと批判したが、あまり声高に「絶対やめなさい」などとは言わなかった。



これは、安倍首相に続投してもらったほうが、次の選挙を戦いやすいという判断があるのかな、などと裏読みをしてしまった。





その他 | 19:19:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
選挙による政治参加

昨夜は、参院選挙の開票状況を、NHKと民放各社の特別番組をいったりきたりしながら、観戦(?)した。



この前の衆院選挙(郵政選挙)のときは、新聞社の整理部で、各県版などの編集を管理していた。



自民圧勝はわかっていたが、問題は、各選挙区の去就。誰が落ちて、どちらが当選するか。



開票日の次の日の新聞朝刊は、ぎりぎりの結果が入るよう、締め切り時間を大幅に遅くして、社員のほとんどが出てきて、時間との戦いで紙面を編集する。



あらかじめ、当選者のケースごとに予定原稿を何通りか書いておき、予想しながら、レイアウトを決める。



あとは、勝ったほうの原稿をそのスペースにいれ、あらかじめ作っていた見出しを入れる。見出しの原稿が、別々だったなどの間違いが内容、注意を払いながら。



あとは、写真のスペースをあけておいて、地方支局から到着次第、そのスペースに入れる。



そして1時間ぐらいごとに発表される得票の数字の入った表を、差し替えていく。



締め切り1分前とかなると、もう、中身を確認するひまがないので、支局から来た原稿を、大急ぎで、そのままコンピュータの中で差し替えて、オッケイを出す。印刷に回してから、、プリントアウトして、間違っていなかったか確認する。選挙の日は、原則、一度、版を印刷に回してしまうと、やり直しが効かないので、綱渡りだ。



そうやって、なるべく最新の数字と、なるべく多くの当選確実の人を載せようと競う。



ライバル新聞と見比べると、その差が明らかだからだ。



そんなどたばたな仕事をしながら、なんだか、自分たちも選挙というお祭りに参加した気になる。



自宅で深夜、開票速報をテレビを見ながら、そんなことを思いだし、新聞作りに加わっていない、さびしさを一瞬感じたりした。



ただ、実際の政治過程への参加は、新聞づくりやテレビの報道というより、投票活動や、さらに、支持する人の選挙を手伝うことのほうが濃いかかわりだろう。



青森県で記者活動をしていたとき、町長選や国政選挙を取材したが、地域の町民や村民の大部分が、選挙活動に関わっていたところもあった。



自分たちの支持者が当選するかしないかで、その後の、仕事や就職、商売に大きな差が出る。町長選などでは、町が二分され、政敵が当選すると、残りの4年間は仕事がほとんどなくなると、建設業者が言ったりしていた。



こういう選挙がいいというわけではないが、選挙への熱のいれよう、主体的なかかわりという点では、興味深い。



都会の市民は、そんなわずらわしい、選挙とのかかわりからは解放されたが、数年に一度、投票するときだけのかかわりに限定されることで、自分たちが政治を変えるという醍醐味を味わう機会を、かなり失ったように思う。



さて、次の選挙では、BS11でも、どう選挙報道をやるのか、と思いながら、そんなことを考えた夜であった。<K>







BS11 | 18:41:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
韓国にPK負け 日本代表フアンやめますか?

昨夜のサッカー・アジアカップの日本対韓国戦は、選手たちには死闘といっていい消耗戦だったが、テレビ観戦するほうも大変な消耗戦であった。



韓国の反則で11対10と日本が一人多かったのにもかかわらず、なかなか点が入らない。いや、点が入る気がしない。



イライラその1。



だいたい、オシム監督は、サウジアラビア戦後に、選手の疲労が大きいので、韓国戦は、疲れていない選手でやると言っていたのに、スターティングメンバーは、前戦と違うのは山岸だけ。どうして、楢崎たちを使わなかったのか。



その2.



メンバー交代もいつもと同じメンバー。



羽生、佐藤、そして矢野。それも、かなり遅い時間だ。そして、いつものように、羽生、佐藤は決定的なチャンスを作るが、シュートがゴールにならない。何かが足りない。これは、ただ、アンラッキーなのか?



秘密兵器となるサブ組みはいないのか?



イライラその3.



中村、遠藤たちの中盤の黄金の4人に戦いを打開するアイデアがあまり見られなかったこと。



試合開始直後は、各駅た停車でなく、すぐにゴール前に上げるボールが多く、工夫しているなと思っあたが、それも何度も続くとワンパターン。



途中からサイドチェンジを増やしたがカットされるのや、カジ君なんかパスミスが連続だった。



テレビ観戦時間は、PKまで見て、観戦時間は、試合前の「負けられない一戦」といういつものアナウンサーたちの決り文句を聞いていた時間も合わせて3時間半ほどに達した。



PKで羽生がはずした瞬間、プツンとテレビを消してしまった。



オシムフアンとしても、見ていてイライラが募り、消耗する戦いだった。



スポーツナビによると、監督・選手の試合後のコメントは以下の通り。



<試合後、オシム監督のコメント>



残念だが、サッカーにおいて、また人生において、勝つこともあれば負けることもある。選手たちはよくやってくれたので、文句は言いたくない。日本で応援してくれた皆さん、現地まで応援しにきてくれたファンの皆さんに対しては、残念な思いでいっぱいだ。だが人生と同じように、幸運が必要なときはある。今日はそれが少し足りなかった。



<試合後、川口のコメント>



これがサッカー。PK戦では何が起こるか分からない。もちろん試合の中でも、絶対ということはない。勝つために全力で戦ったが、最後の最後で決定的な仕事ができなかった。みんなよく走って、よく頑張っていた。最後のところでゴールが遠かった。点に結び付けられなかったことが残念。みんなよくやったと思うし、こういう試合をPKで決するのは非常に酷だが、この事実は受け入れないといけない。ワールドカップ予選に向けて課題が見えたので、それを修正して、気持ちを切り替えて新たなスタートを切りたい。



<試合後、中村俊のコメント>



ほとんどこちちのペースで、試合内容もよかったが、決めるべきところで決められなかったことが残念。PKはほとんど運なので、その前に決められなかったことが残念。3位と4位とでは全然違う。今大会は長い期間一緒にいられたので、ある程度チームの形はできた。また課題も見えた。どんどん前に進んでいると思う。代表のチーム作りは難しいので、この大会である程度形ができたことはよかった。



総じて、落ち着いた、コメントだ。



自著で「人生で起こりうることはすべてサッカーで起こりうる」という意味のことを書いていたオシム監督らしい。



しかし、きょうのスポーツ紙の論調はどうか?



かなりオシム批判も出てくるのでは?あすの夕刊紙なんかでは、「オシム更迭論」が出る気がする?



まあ、冷静にアジア大会を振り返れば、日本の到達点=いい点と足りない点=がはっきりわかった大会であった。



サッカーフアンとしては疲れる試合が多かったが、日本代表の「日本化」が進んでいる手ごたえはあったし、結果的にも豪州に勝った。感情的なオシム更迭論より、冷静な自他に対する戦力分析と、今後の強化策を練ることが必要だろう。



それとも日本代表フアン、やまますか?



気をとりなおし、スポーツ紙を買ってから、選挙の投票に行こうか。







スポーツ | 09:33:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
そんなに、臭う?

BS11では、大人がじっくり見られる本物の番組作りを目指しています。若い人はもちろんですが、団塊の世代を中心とする《大人世代》へのアピールをかなり意識しています。だから、大人世代に向けて発刊される雑誌には、つい目が向くのでありまして…。







たとえば、「Gauguin9月号(東京ニュース通信社)では、「『開高健』という、男の生き方」として、憑かれたように世界の秘境を旅して回った文豪の人生を特集しています。当然、開高さんならではの釣りや食の話題も紹介していて、写真もキレイ。手堅い上質感で、男の夢やロマンを刺激、オーソドックスなつくりながら、ゆったりと<読む旅>を楽しませてくれます。







いっぽう、同じく50歳代の男性を中心読者層とする「DANKAIパンチ」8月号(飛鳥新社)。こちらの総力特集は…いやぁスゴかった。なんと、「臭いオヤジは嫌われる」です。物憂げな目線をそっと落とした安めぐみさんの艶っぽい表情の横に、そんな物騒なキャッチコピー。その横には「本人だけが気づかない口臭、加齢臭を退治せよ!」とのサブタイトルが踊ります。あわてて目次を繰ると「オヤジ臭と決別、さわやか熟年になる」とのテーマのもと、「女性からの告発 オヤジのこんな臭いは大嫌い」「あなたは臭うかもしれない?体臭チェックリスト」などなど、大マジメに消臭の予防や対策を謳う見出しが並んでおりました。さらに、コラムでは中村うさぎさんの寄稿があり、「オヤジは『臭い生き物である』と断じられているではありませんか。







これをそのまま番組企画にしたら、どうなるでしょう。お昼の、みのもんたさん風?あるいは、臭う男の悲劇各種パターンを再現ドラマに仕立ててゲストにコメントさせる「行列のできる」風?はたまた、実証を重ねて結論を導く「ガッテン風」?





ともあれ、オヤジ世代のオトナ男性はこの特集をどういう風に受け止めるのでしょうか…。その裏の裏まで、おそらくは計算しつくしたであろう編集サイドの意図を、知りたい!でそれにしても、これほど気になるっていうのは、ナニ?ある種《ツカミOK!》ってことですかね。





ま、いずれにしても、あれほどまでに自分の臭いときっちり向き合い、しっかり消臭してから、あらためて女子と付き合おうとする根性というかエネルギーというか姿勢というか生き方、こいつはぜひ見習いたいものです。《S

























BS11 | 17:50:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
敗軍の将は悲観的にならず

昨夜は、サッカーの日本vsサウジアラビアを地上波で観戦。



放送時間は試合開始が夜の10時20分と遅かったが、この前に豪州をPK戦で破ったあとなので、テレビも盛り上がった。



昨夜の居酒屋でも「きょうはサッカーだから9時前にお開きにしよう」などというサラリーマンの声が聞こえた。



結果はご存知のように2−3で負け。終わったあとは、なんというか、脱力感に襲われました。



きょうのスポーツ紙の朝刊やサイトを読むと、オシム監督の談話は、カタール戦のように激怒でなく、たんたんと、残念だが、よくやったという感じ。



相手がラッキーであった。こちらはチャンスが多かったが点をとれなかった、選手は疲れていて、アイデアが出なかった。しかし、選手は一生懸命やったというニュアンスです。



詳しくは、スポーツナビから、引用すると以下のとおりです。



「こういうこと(敗戦)もある。勝ったチームが決勝に進む、それだけの結果。ただしラッキーだったチームが決勝に行った。相手は得点を挙げるタイミングがよかった。こちらは中心選手に疲労が目立ったのが残念。ただし文句を言うことはできない。彼らも一生懸命やった。内容的にはそれほど悪くなかった。相手もそれほど強いとは感じなかったが、われわれはアンラッキーな部分で失点した。それが3回繰り返された。3点取った方が勝った。失点は相手のチャンスらしいチャンスからのものではなかったのが残念。こちらはチャンスが10回以上あったが、その半分でも決めていればよかった。実力はそれほどかけ離れていない。われわれは疲れているところでチャンスを生かせなかった。向こうは普通のプレーをして得点に結びつけた、その違い。サッカーの内容という点では、われわれは悪くなかった。むしろ向こうよりよかったかもしれない。同点に追いついたところで、積極的に主導権を握ればよかったが、そこで流れを変えることができなかった。それが一番のポイントだったかもしれない。2回は追いつけたが、3回目はできなかった。選手はよくやってくれたと思う。(もう1試合=3位決定戦があるが)優勝を争う試合ではないのが残念だ。いずれにしても今日出た選手は疲れがたまっているから、フレッシュな選手と入れ替えることを考えたい。」



 勝ったときや、次がある引き分けのときは、激怒したり、ダメだった点を指摘し、選手の奮起を促し、反省させるのはいいが、頑張ったのに敗れて意気消沈気味のときは、逆に、良かったことも指摘しながら、選手の労をいたわり、同時に、反省すべきは反省させるという態度がいいようです。



負けてがっかりしているときに、ひどかったといったら、余計落ち込むし、チーム内に不協和音が出るし、監督としての自分の立場も危うくしかねない、わけですから。



このあたりは、監督の人身掌握術として、学ぶところがありそうです。



ということで、次は韓国との3位決定戦が土曜日に。オシムジャパンは、これまでの5戦に出れなかった選手を多く出すようなので、楽しみです。<K>









スポーツ | 16:48:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
完全デジタル化まで、あと4年

昨日7月24日は地デジの日。というか、2011年7月24日が、地上波テレビのアナログ放送が停止される日。あと4年で、完全デジタル移行である。



Dpa(デジタル放送推進協会)では、これを機に、「地デジ体験キャラバン隊」を組織して、全国PRする。



また、草彅剛君を起用して、地デジをPRするコマーシャルを民放・NHKの各社が流すことになっています。



BSデジタルは直接は関係ないが、デジタル普及という点では、目的は同じなので、キャラバン隊の展示物の中に、BSデジタルのアンテナを展示してもらうことになっています。



これを機に多くの人が、実際に地デジやBSデジタルのハイビジョン画像を体験していただければ、アナログ画像との違いが明確にわかると思うのですが。



下の写真は、キャラバン隊のお披露目の日に撮ったものです。



まだまだ4年後かといのが、一般市民の反応でしょうが、4年間というのは、意外に早くきてしまうものです。



Tideji





BSデジタル放送 | 18:03:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
スポーツ紙 今日の一面

スポーツ紙の一面は、日々の世の中のトピックスを把握するのに、とても重宝しますよね。でも昔と違って、最近は一面の見出しが各紙各様なので、どれが世間で最もニュースバリューのある話題なのかが、わかりにくい。たとえば、今日ならサンスポは「松井6の5」−デビルレイズ戦で17HRを含め大当たりの松井を取り上げています。スポニチの一面は「藍2位!」で、米女子ゴルフツアーHSBC女子世界マッチプレー選手権で惜しくも優勝を逃した宮里藍ちゃん。ニッカンは「小笠原4番」として、今日から始まるペナントレース後半戦でのジャイアンツの巻き返しへの意気込みを一面に持ってきております。とまぁ、3紙とも違うでしょう。こういったケースが最近は多いんです。なぜか…と思っていたところ、最近、偶然にもあるスポーツ紙の編集者の方と話す機会を得ました。その編集者によると、大阪は今もタイガース、北海道は日ハム、九州地区はホークスでOK。ただ、東京版だけは…「いやぁ、昔ならジャイアンツでキマリだったんですがね。今はジャイアンツじゃ売れません。といって、サッカーや大相撲では、やや弱い。で、大リーグとなると、朝刊では情報が遅すぎる。朝にはNHKで次の試合が見られるわけですから」というわけで、東京版の一面の見出しをめぐっては、各紙とも相当な苦労をしているようです。これを逆手にとって、毎朝、各誌の見出しを占ってみるのも一興でしょう。ちなみに、本日はハズレ。私の予想は「レッドソックス岡島完璧満塁火消し」でした。岡島投手は現地22日のホワイトソックス戦、2アウト満塁で救援し、見事相手5番打者を空振り三振に仕留めると、次のイニングも三者凡退でサッと片付けました。この試合、レッドソックスはホワイトソックスを8−5でくだし、3連勝で貯金20.話題性では松坂でしょうが、岡島の貢献度もハンパじゃないですぜ。《S





その他 | 16:57:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
サッカー日本・豪州 最高視聴率37.1%

結果が楽しみと書いた21日のサッカー日本代表対豪州のテレビ朝日系列での、視聴率(ビデオリサーチ調べ)は、関東地区の平均視聴率で23.8%、瞬間最高視聴率は高原がPKをはずした瞬間で、なんと37.1%に達したというからすごい(iZA参照)。



サッカーの視聴率などを記録しているサイト(サッカーの視聴率and気になるNEWS)によると、平均23.8%というのは、これまでゴールデンタイムに放映されたオシムジャパンの試合のテレビ視聴率の中でも、13試合中最高。



また、アジアカップ2007の視聴率は、初戦のカタール戦が12.5%、UAE戦が17.9%、ベトナム戦が20.0%と、試合ごとに上がっている。



19日から21日の視聴率でも、風林火山の19.6%などを上回っている。



オシムジャパンはサッカー好きにしか、人気がないなんていわれていたが、やはり因縁の豪州戦は盛り上がったといえるようだ。



この批判はオシム監督も少しは気にしているらしく、「日本人よ!」という彼の著書では、ジーコジャパンと比べて、球場への観客動員数は、オシム時代のほうが、多い、などと反論していて、笑ってしまった。



いよいよ明日はサウジアラビア戦、順調に勝ち抜くと決勝は29日夜だが、テレビ朝日は参院選特番と一緒に、L字型画面などで両方のようすを実況中継する計画らしい。



BS11でもいつの日か、サッカーの実況中継をやりたいものだ。<K>







スポーツ | 13:42:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ