FC2ブログ
朝日新聞が紙面改革

ネットの普及とテレビの影響で、「新聞」は最近ではもうオールド・メディアといえそうですが、朝日新聞があす(4月1日)から、紙面の刷新=リニューアルをするという。



改革の内容は、1面の題字の下に、その日のニュース(紙面)が一覧できる大き目のインデックスをつくり、「朝の1分」でその日のニュースの概要がさっとわかるようにする。



2面を「きょうがわかる」と題して、その日に起こったニュースなどの解説(時々刻々など)にあて、3面は「あしたを考える」と題して解説を主に展開するーーということのようです(asahi.comなど参照)。



 私なりに改革の趣旨を推定すれば、新聞の各面(社会面、経済面、内政面など)はそれぞれの部が責任を持って作っていおり、すべての面を読者が読むことを前提にしていますが、実際は、忙しくて、新聞の1面や社会面をさっとみて、あとは自分の興味があるところを見る、そしてテレビ欄の番組表をテレビを見る参考に使うーーといったところでしょう。



そこで、全部読むという建前をすて、一面に大型インデックスを置き、忙しい人にも短時間できょうの新聞の全体をつかんでもらう。



また、「新聞」といっても、実際はテレビやネットに速報という点ではかないません。「旧聞」です。それなら、一面にいきのいいニュースを出すものの、2、3面はニュースより、その裏側や、今後の進む方向、ニュースの意味づけなど、情報を深化させる方向に使うーーということではないでしょうか。



この改革に、あまり新しい驚きはありません。いわば予想された改革、これまでの新聞改革の論議でいろいろ言われてきたことを、実行するという、王道をいったリニューアルといえるでしょう。本当に新聞をよみがえらせるには、もっと大胆なリニューアルが必要なように思えます。



でも、これまで論議されてきたことでも、それを思い切ってやったと新聞は、あまりありません(たとえば、東京で夕刊を廃止したサンケイ新聞)。それだけに、あすの紙面で、どれだけ思い切った紙面刷新になっているのか、注目したいと思います。







テレビ番組全般 | 18:25:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
「ノーミスした」っていいじゃないか 浅田真央ちゃん

今、話題のスケートの世界女子フィギアの浅田真央のインタビュー発言。



確かに、フリー演技をほとんどノーミスで滑れた後に「ノーミスすれば、逆転できると思った」とか「ノーミスしたので」と真央ちゃんが、話していたのを聞いたときは、「ノーミスしたじゃないだろ! ミスしなかったとか、ノーミスでやれただろ」とテレビを見ながらちゃちをいれてしまいました。



この問題は早速、ブログなどでも指摘され、今週号の週刊文春でも、とりあげ、浅田真央の発言は、あの長嶋監督なみの、ユニーク発言が多いと、書いています。(真央発言を批判するというより、面白がっている感じのとりあげ方ですが)



確かに日本語の文法的には違和感があるけど、真央ちゃんは文法を超えたところにいて、また、こういう発言が新しい英語と日本語の融合した(?)新しい言葉の使い方を生み出していくのかもしれません。



「ノースモークして」とか・・・「ノードラッグして」とか「ハイリスクの株でノーリターンしちゃって」とか「ノーモアウォーしちゃって」とか…?







スポーツ | 10:43:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
新年度には新スタッフが

本日は、12月1日スタートの新チャンネル「BS11」のロゴの試作品を見に行ってきた。



パンフレットなど紙媒体で主に使うBS11の赤いロゴはできているが、今回のはテレビの画面などで使うロゴである。



内容はまだ企業秘密だが、海外テーストでなかなかおしゃれな試作品ができており、期待できそうだ。



また、社内では、4月に新社員を採用する予定で、面接などが行われている。



12月1日に同時にスタートするワールド・ハイビジョン・チャンネルの社長が、日刊業界紙「文化通信」の速報でインタビューに応じていたが、「社員募集をしたら1000人ほどの応募があり、15人ほどを採用する予定だ」という意味のことを話している。



ライバル社も、開局に向け着々と体制整備を進めている。



当社でも、人員整備や、ロゴなどの作成、6月に予定されている代理店などへの説明会の準備、新しい番組表つくりなどが、並行して進んでいる。



きょうの毎日新聞の朝刊では、将棋の奨励会3段編入試験に挑んでいた今泉健司さん(33歳・アマ竜王)が6勝1敗の成績で、合格し、3段リーグ入りが決まったことを報じていた。今泉さんおめでとう。



なかなか将棋の話題をフォローできない忙しさだが、4月からは、さらに、エンジンがかかって、開局に向けた社内の動きが活発化しそうだ。







BS11 | 23:12:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
女子フィギア視聴率38.1%ーーでもサッカーは視聴率は気にするな

24日に放送された世界女子フィギアスケートの視聴率が関東地区で38.1%にもいき(ビデオリサーチ調べ)、瞬間最高が安藤美姫選手の優勝が決まった瞬間で関東で50.8%(お膝元の名古屋地区で56.6%)にも達したというのは、驚きだ。瞬間で半分の世帯が見ていたわけだから。(izaなど参照)



安藤、浅田、キムヨナと役者がそろっており、演技も見事、しかもミキティの逆転優勝とドラマが多かったので、人気は高いと予想していたが、これほどとは。



関東地区ではドラマ「華麗なる一族」の最終回の平均視聴率(30.4%)を上まってしまった(大阪では上まっていないが)。



念入りに丹念に作られ役者が好演したドラマも、筋書きのない、ほぼ「生放送」(?)のドラマには、勝てないのか。



同じ日に放送されたサッカーの日本対ペルー戦は、平均13.7%(瞬間最高19.3%)だそう。



ボクシングの亀田選手の試合のほうが視聴率は高かったようですが、まあ、このへんは気にしないほうがいい。



サッカーは好きな人が見ればいいのであって、また、オリンピックとかワールドカップが近づけば、視聴率は上がっていくはずだから。



日本対ペルー戦は、中村俊輔、高原も活躍し、日本代表戦としては、昨年のオシム初戦(対ガーナ戦)以来、久々に、ドキドキわくわくする試合でした。



サッカーフアンとしては、川渕チェアマンもオシム監督も、視聴率など気にせず、チームを強くしていってほしい。







スポーツ | 18:47:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
4回転封印し安藤美姫が世界1位ー佐野稔氏の指摘的中

きょうの夜は、テレビはスポーツデー。サッカー日本代表対ペルーの試合、続いてフィギアスケート世界選手権、それに世界水泳シンクロと、見所満載でした。



私はサッカーとフィギアーを見ました。



サッカーは、中村俊輔のフリーキックからこれまで代表ノーゴールだた巻の初ゴール、同じく俊輔のフリーキックを受け高原がワントラップした後の振り向きざまの芸術的シュートを決め、快勝でした。ペルー戦は確か初勝利。



これまで国内勢だけで地味なチーム作りをしながら、速さと考えるサッカー、走るサッカー、数的優位を局所で作るサッカー、固く守るサッカーを浸透させてきたオシム流が、海外勢を迎えて花開いた感じです。



日本代表の試合にしては、これまで観客も少なめだったのですが、テレビでみたところきょうは満員に近かったよう。フアンにとっても、今までじっと見守っていたかいがあったでしょう。



何より、心配していた、中村、高原と、ここまで成長してきた日本代表チームが融合するのかという点でも、まずは合格点だったのでは。



とはいえ、相手は世界ランクでは日本より低いペルーですから喜んでばかりはいられません。2得点ともセットプレーからというのも、課題を残しました。



サッカーより派手だったのはスケートのフィギア世界選手権。



今朝のスポーツ紙多くが安藤美姫を1面トップでとりあげ、「自己ベストでショートプログラム2位」「逆転金へ4回転跳ぶ」(サンスポ)などとはやしたてていました。期待はフリーで、4回転ジャンプを4年ぶりに成功させること!



ショート2位といえ、1位のキムヨナとは点差があり、ミキティもきょうのフリー演技に向けて「トリプル(3回転)なら無難に表彰台に上がれるかもしれないけど、思い切ってやりたい」と、4回転ジャンプへの再挑戦をほのめかしていました。



ただ、サンスポのコラムで、佐野稔氏が、「安藤が勝つには4回転を封印することだ」と断言していたのに目がいきました。



佐野氏が言うには、キムヨナは、ショートプログラムではすばらしい演技だったが、腰痛による練習不足で、「7度のジャンプを要求するフリーでは、どこかでほころびを見せる気がしてならない」。



だから、安藤はあえて4回転に挑むギャンブルに挑まなくても、今の好調さを維持して、ミスなく滑りきれば勝てる。「私がコーチならそう指示する」ーーというわけです。



結果的に、この指摘は当たりました。



キムヨナは、出だしは完璧で美しい演技で圧倒しましたが、後半で2度もジャンプミスをおかしました。



安藤の演技が最終で、キムヨナの失敗を見れたので、「4回転封印」と、作戦を立てやすかったのかもしれません。



ただ、ショートで5位だった真央ちゃんが、フリーで素晴らしい滑りで高得点を弾き出し、ライバルはキムヨナから真央に代わっていたので、難しい決断だったと思います。



4回転を封印して、ほぼパーフェクトの演技をしおえたミキティを讃え、コーチーの判断を讃えたい。同時に佐野さんの慧眼も。



それから、3回転半に果敢に挑戦した中野ゆかりん の演技が、この逆転劇の遠因だったのではとも思います。中野の5位も立派です。





スポーツ | 23:32:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
局所的な「地価バブル」?ーー公示地価発表

昨日発表された公示地価は、全国平均の全用途で、16年ぶりに前年比プラス(0.4%)となった( 日経住宅サーチなど)



首都圏でマイホームを探している身として興味深かったのは、日経新聞の神奈川版にのっていた公示地価関連記事。



神奈川県内で住宅地の上昇率がもっとも高かったのは横浜市の都筑区で9.9%。



ここは港北ニュータウンがあるが、近くに「ららぽーと横浜」といった大型商業施設がオープンしたり、来春に市営地下鉄の新駅が近くにできる計画があるため、人気なっているという。



ただし、中には1年前に分譲されたマンションが、中古で出され、販売価格が新築時を25〜30%上まっているという「まるでバブル」というケースもあるという。



こういう局所的な”住宅地バブル”的な価格が、今後どう動くか。



公示価格を担当した土地鑑定委員会委員長が、地価上昇が「1月1日以降も続いていくとの予測を示すものではない」という談話を発表したというから、注意深くウォッチする必要があるだろう。





その他 | 12:46:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
東京国際アニメフェア2007開幕

Gandam 東京ビッグサイトにて「東京国際アニメフェア2007」がけさ開幕、当社(日本BS放送)でも公式ガイドブックに広告を掲載し協賛しているので、早速、開幕日に見学に行ってきました。



当社では、12月1日スタートのハイビジョン放送「BS11」でアニメ番組の放送も予定しているので、その勉強の意味もあります。



さて、会場では、バンダイナムコグループやタカラトミーといったアニメコンテンツを所有している会社や、アニメ番組を放送しているテレビ局、新進のアニメ作家などが出展しており、アニメフアンなら十分一日すごせそうな、楽しい雰囲気でした。



きょう(22日)とあすはビジネスデーで、土日が一般デーですが、初日からアニメフアンらしい少女や男性たちも訪れ、コンパニオンの写真を撮ったりしていました。またTシャツなどのグッズの販売コーナー、声優が参加するイベントなどもあり、これは土日は、かなりにぎわいそうだと思いました。



Eitoman_1



 









団塊世代に近い私にとって、興味ぶかかったのは、これまでテレビアニメなどで活躍したロボットの映像を集めた特別企画展「ロボアニ EXPO」。鉄人28号やエイトマンの、映像はなつかしかったなあ。



それから、中国やタイなどアジア系のアニメ関連会社が、いくつかのブースを構え、売込みを図っていたのも注目でした。タイ企業のコンパニオンからは「THIS IS DIGITAL SINGER」とか話しかけられ、DVDまでもらってしまいました。アメリカ的なアニメですが、果たしてこれをうちの局で放映して視聴者がくるだろうか・・・などと考えてしまいました。



Kougakuin















また日本工学院や東京工科大学、京都精華大学といった学校の生徒たちが、自分たちのアニメ作品を展示、かなりの人だかりのできているブースもありました。



若い才能が、どんどん出てくるのはアニメコンテンツ大国・日本にとって必要です。









=























Animec_1





  アニメ調のコスチュームなどを着飾ったコンパニオンさんも、たくさんいました。





また、ブルーレイのDVDディスクのアニメ映画を、大型ハイビジョンテレビで再生していましたが、質量感があって、きれいな画像でした。





これからはアニメのテレビ放送は、ハイビジョンが基本の時代になるでしょうね。





























Mizugi_1 また、うちの社では6月のケーブルテレビショーにブースを出す予定なので、いろんなブースを見ながら、「なるほど、こうするとブースが華やかだね」「あまり商談スペースが広いと、一般の人が入りにくそうだね」などと、同僚と検討しながら見回りました。





BS11 | 15:15:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
人間の勝ちーーキラー・コンテンツだ

ボナンザ対渡辺竜王の将棋を、ネット中継で見ていました。



ボナンザ得意の居飛車アナグマを受けてたった渡辺竜王が、終盤、読みきりの最強手をつらねて勝ちました。まずはコンピュータに対し人間の勝ちです。



ネットで観戦していて、人間同士の対局とは、なんか違うような感覚ですが、それでも、がっぷり四つの戦い。棋力のあまり高くない私には十分にはわからなかったのですが、竜王のあぶなげない勝ちのように見えました。



しかし、対局後、渡辺竜王は「思ったより強かった」と語っているし、米長会長は「中盤はボナンザのほうが優勢だったんだろうと思いますね。終盤が強いことは分かっているのでこれは人間のほうが負けてしまうのかと思っていました」と言っているので、かなりいい勝負だったようです。



それにしても、この戦いでは、渡辺竜王が煙幕の中から登場したり、公開対局とあわせプロの指導対局が組まれたり、将棋連盟、大和証券とも、すごい力の入れようです。



ネット観戦も「ビジー」でつながらなかった時があったので、かなりの人が見たと思います。



渡辺竜王の言う、プロ棋士とコンピューターの公開対局という歴史的「コンテンツ」が、今時点で、かなり注目度も高く、価値があるということでしょう。並みの人間同士の棋戦以上ですね。









将棋 | 17:41:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
ボナンザ 対 渡辺明竜王 に注目

昨日の王将線は、羽生善治王将が、端攻めから、好調に攻めきって勝利、永世王将を獲得しました。



羽生さんの偉業は、いくつもあるので驚かないけど、考えてみると王将位通算10期というのはすごいです。優勝するのは一度でも大変なのに・・・。佐藤さんは残念でした。棋王戦がすぐあるけど、がんばってください。



さて、きょうは、いよいよ渡辺竜王対「ボナンザ」の公開対局です。



大和証券のサイトで無料で、対局模様が午後1時から見れます。事前に会員登録(無料)が必要というので、私はさっそく登録しました。スタンバイです。



ボナンザというのは以前にも書きましたが、コンピューターの将棋ソフトです。



ボナンザがすごいのは、通常は市販ソフトとして開発されるのが普通なのに、フリーソフトとして無料で配布されたものなのに強いこと。



将棋世界4月号で、渡辺竜王とボナンザ開発者の保木邦仁さんが対談していますが、渡辺竜王によるとボナンザの実力は、奨励会の初段か二段くらいあるそうです。アマチュアでいったら六段とかでしょうか。アマのトップレベルです。



通常、将棋ソフトはなるべく無駄な手を読まないのだそうですが、ボナンザは「全副探索」といって、可能な手をすべて読んで、そのなかで最善手を捜します。



だから、これまでの将棋指し(アマもプロも)の発想とは違う指し手が、浮かぶんでしょうね。異次元の感覚です。



最新のパソコンを使うと1秒間に100万手も読むというからすごい。



さて、将棋世界の対談で興味深いのは、渡辺竜王が「コンピューター対人間の対局は、これからの将棋界の重要なコンテンツになっていくと思う。(中略)・・・とにかくなんでもいいから勝ちたい。あんまり簡単に超えられてしまうとコンテンツとして成り立たなくなる。超えるか超えないかという状況が少しでも長く続いた方がやる方もファンも面白いと思います」と語っていることだ。



ということは、いずれ将棋ソフトのほうが、プロの将棋指しを越してしまうことを認めているわけだ。いずれは、ぜんぜん歯が立たなくなって、そうなると、もうイベントとして関心をもたれなくなる・・・。だから今は勝ちたい、人間のほうが勝っている時間をなるべく、のばしたいと。



う〜ん、そうなんんだろうが、これは恐ろしいというか、さびしいことですね。



でも、そうすると、将棋の定石なんかもコンピューターがあみだしちゃうことになるのか?



プロの名人戦とか竜王戦の価値も下がってしまって・・・、代わりに将棋ソフト同士の対局が、新聞に掲載されたりして。



もしかして、将棋ソフトも順位戦に登場するようになり、ちょうど相撲で、外国出身力士が横綱をはるように、将棋界もソフトと人間の共存になるのか・・・。



ある、程度いくと、コンピュータソフトは禁止されたりして・・・。



などと妄想は広がるけど、今は、きょうの勝負をじっくり味わいたいですね。



持ち時間が2時間と、将棋ソフトの対局としては長めなのも興味深い点。



詰むか詰まないかという段階になったら、将棋ソフトのほうが強いわけで、竜王としては、序盤、中盤で圧倒して、そのまま勝ちきるというペースを目指すはず。







将棋 | 09:28:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
将棋王将戦 今晩、決着

将棋の王将戦の第七局二日目が新潟県佐渡市で行われています( 将棋:MSN毎日インタラクティブで実況中継)。



羽生善治王将と佐藤康光棋聖の戦いは、佐藤から見て○×××○○と、第一戦の勝利のあと、3連敗して後がなくなり、そこから2連勝で盛り返し、昨年と同じ最終戦までもつれ込んだ熱戦。泣いても笑っても、今晩(20日夜)には決着がつく。



女流棋戦の人気に隠れ、一般への話題はいまひとつという感じもするが、実は、この勝負、将棋界の天下とりの地図に大きな影響がある。



現在、羽生王将は、王位、王座とあわせ3冠で頭一つリードしている感があるが、これを失うと二冠になる。



一方、佐藤はここで勝てば棋聖、王将と二冠。名人、棋王との二冠の森内、さらに竜王の渡辺とあわせて4人の混戦となる。



さらに棋王戦では森内に佐藤が挑戦中で、佐藤が2勝1敗とリードしているので、佐藤にとっては、王将位を奪取し、その勢いで23日の棋王戦第4局でも勝てば3冠になる。(11日に放映されたNHK杯戦では佐藤が森内をやぶり優勝しており、佐藤は好調といっていいだろう)



一方、羽生にとっては、ここが踏ん張りどころであり、こういう勝負どころで力を発揮するのが羽生の強さだろう。



王将戦第7局の戦いのほうは乱戦模様から羽生が9筋から攻撃を仕掛けているようだが、これからの攻防が楽しみだ。





インポート | 12:19:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ