FC2ブログ
ジョギングしながらリスニング
11月2,3,4日の3連休は、午前中に自宅周辺の約7㌔ほどをジョギングとウォーキングを取り混ぜて散歩しながら、スマホで「八島式 英語が聞こえるようになる本」のpart4の音声を聞きました。
散歩の途中で喫茶店に入って、スマホで英語を聞いたり、八島さんの本をチェックしたり、音読をしたりの日々。
この本のpart4の音声は、総じてpart3より速いのですが、英語の内容は、それほど難しくなく、新たに発音の難しい語句がたくさん出てきたわけではありません。な
何度も学習を繰り返せば、ある程度を聞き取れるようになると期待しています。

またこの本には総復習用に1・3倍~1・5倍速の音声も入っています。これも時々、聞いているのですが、1倍とそんなに変わらない(1倍で聞こえるものは1・3倍でも聞き取れるし、1倍で聞き取れないものは1・3倍ではなおさら聞き取れない)感じがします。
要は、文章の意味や、単語や前置詞の意味、語句や文節の発音ををきちんと理解したものを、何度も聞くことが、重要なのだと思います。

散歩と喫茶店での休憩も合わせて4時間ほど(英語をやっているのは、そのうち2時間ほどですが)。さすがに、くたくたになりますが、体力の衰えを回復し、太りすぎの体をもとに戻すのには、よい運。動になります。
人生100年時代。TOEICを続けるためにも、まず健康維持と体力増強に努めなければ。TOEICの1月12日の公開テストに申し込むと同時に、12月8日に都内で開かれるランニング大会の10㌔の部に申し込みました。こちらは目標は1時間を切ることです。
英語とランニング、ともに続けたい。
ランキングに参加してます、こちらをボチットおねがいします。


八島式「英語が聞こえるようになる本」 | 20:21:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
PART4の練習問題
「八島式 英語がきこえるようになる本」。PART4の最後にある練習問題に取り組みました。4問で設問数は計12。
読み上げのスピードが速いですね。そんなに難しい単語は少ないのですが、早さについていけないと、一つ一つの単語は聞こえても、意味を理解する前に、次に進んでいって、単語の羅列が記憶に残るだけ(というより記憶に残らない)に近い状況です。
途中から、設問の前読みは諦めて、音声に集中。設問12中、なんとか6問は正解しましたが、これではだめですね。3問中確実に2問が正解する割合を確保(12問中8問正解)しなければ。
スクリプトを読んでから、音声を聞くと、ほとんどの音は聞き取れるのですが、それではだめです。
10月はほぼ、八島さんの本だけの勉強でしたが、今後1ヶ月は、この本の復習と、別の何かの勉強の2本立てで進みたいと思います。
TOEIC試験は、迷っているうちに12月の申し込み締め切りを過ぎてしまいましたので、次は来年1月12日の試験を申し込みました、
さあ、新しい月を頑張ろう。

ランキングに参加してます、こちらをボチットおねがいします。


八島式「英語が聞こえるようになる本」 | 11:05:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
公園のベンチで音読
八島式「TOEICの英語が聞こえるようになる本」。
本日は、近くの公園に行き、PART4のlesson1とlesson2の、音読を行った。
公園のベンチに座って、ぶつぶつ言っている男性を、公園で野球をやっていた子供たちは不審な人がいると、思って見ていたのだろうか。
この本のPART3とPART4の間の段差は、part2までとpart3との間の段差ほどはない。
一人の人が、長く話しているが、言葉の音は(あまり知らない単語以外は)なんとか聞き取れる。問題は、その音の意味を、聞きながら、きちんと理解し、短期記憶できるかだ。
part4の音読では、「話者の発するサインを聞き取ること」「話者が(文節)の最後を上げ調子にするのは、この先に言いたいことが残っているというサイン」「名詞がカンマで結ばれていたら同格。カンマの部分は、一瞬のポーズがあるので注意」などのアドバイスが著者によってなされており、ためになる。なるほど、単語や文の発音だけでなく、イントネーションや「間」にも注意しなければいけないわけだ。
また、話者になりきって、まるで演劇の台詞を話すように音読の練習をすると、文の音と意味が結びつきやすくなる気がする。
あすの公開テストは、申し込んでいない。自宅で、同じ時刻に、買ってある模試を解こうかと思う。



八島式「英語が聞こえるようになる本」 | 20:50:00 | トラックバック(0) | コメント(0)