FC2ブログ
チャンネルボタンのカスタマイズーーBSデジタル視聴方法

当社のBSデジタル「999ch」を視聴するには、「BS」を選んでから「チャンネル番号入力」「3ケタ入力」などのボタンを押してから「9」「9」「9」とボタンを3回押さなければならないということを、以前書いたが、便利な方法もある。



一度「BS999ch」を見た後、ワンタッチ・ボタンに、この番号を記憶させておけばいいのである。(リモコンボタンのカスタマイズ)



今、手元にPanasonicのテレビ「ビエラ」の取り扱い説明書がある(正確には「ビエラ」のTHー58PX600などの機種用)。



その中で、「衛星デジタル放送のチャンネル修正」というページを開くと、よく見るチャンネルを、リモコンの「数字ボタン」に登録する方法が書かれている。



数字ボタンへの登録は、「メニュー」ボタンを押す→「初期設定」を押す→「設置設定」を押す→「チャンネル設定」を押す→「BS」を押す→1から12までのボタンのうち変えたいリモコンボタン番号を選び、そこの「CH」番号を「999」にするという手順だ。



こうすれば、ワンタッチで「999」chが見えるようだ(「CH」の選択肢の中に「999」がないと、この方式は成り立たないが…)。



これはPanasonicの例だが、BS999の視聴者のみなさま、どうか、お手持ちのテレビの取説を出して、試みていただければ幸いです。







BSテレビ視聴方法 | 09:00:00 | トラックバック(0) | コメント(2)
3ケタチャンネルはつらいよ−−BS放送の見方

BSデジタル放送の見方について、チューナーや、アンテナを設置して、BSデジタル放送は見られるようになったが、日本BS放送の「BS999ch」の見方がわからない、という声をときどき聞きます。



「BS999ch」は、チャンネル番号が「999」と3ケタで、TVリモコンのワンタッチボタンに直接、登録されていないのが、当社にとっても悩みであり、視聴者の皆様にご迷惑をおかけてしている点です。



たとえば、NHKの「BS−1」を見るには、「放送切り替え」などで、「BS」を選んでから、チャンネル番号の「1」を押せば見えるはずです。



また、「BS−i」なら、同じく「BS」を選んでから「6」チャンネルを押せば見えます。



ところが、BS999チャンネルの場合は、「BS」を選んでから「9」ボタンを3回「9」「9」「9」と押しても見られません。「BS」を選んでから、「チャンネル番号入力」を選んで、それから「9」「9」「9」と3度押さなければなりません。(BS999のホームページ参照



この「チャンネル番号入力」のところは、テレビのリモコンの機種によっては、「3ケタ入力」になっていたり、「BS10キー入力」になっていたりします。



ご面倒ですが、「チャンネル入力」(または「3ケタ入力」「10キー入力」など)を間にはさむことをどうか、お忘れなくーーと、視聴者の皆様に説明しなければならないのです。



本日も、「『Dr.コパの夢をかなえ富を築く風水術』を見たいが」という電話や、「『世界の鉄道〜旅と模型〜』を今後も続けてほしい」というメールを受け取りました。「BS999」を指定して見て下さる視聴者には感謝の二文字です。)



このブログ内の「BSデジタル視聴法」関連の記事はこちら





BSテレビ視聴方法 | 16:39:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
写真入りBSアンテナ設置方法

ありました。面倒なBSデジタル用アンテナの設置の仕方を、詳しい写真入りで解説しているブログが。



このブログ→ So-net blog: では、ご自宅(築3年強の新しいアパート)のベランダに、アンテナを設置、ソニーの薄型テレビ「ブラビア」とつないだ模様がテレビの設定方法まで、親切に書かれています。



ソニーのフアンのページみたいですが、こういうように、写真入りだとわかりやすいですね。



(ただし、WOWOWはきれいな画質だったが、NHKや民放のBSはノイズが散見されると書いてあるのは、一般論でなく、どこかに原因があると思われますが)





BSテレビ視聴方法 | 19:49:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
BS放送の見方?アンテナ再論

私の知り合いが、親族から「BSデジタルが見れるテレビを買ったのに、BS放送が見えない」というSOSを受け、急きょ、手助けに行ったそうです。



そこのお宅は集合住宅で、共用アンテナから、地上デジタル用電波もBSデジタル用電波も各家庭に来ているはずなのに、映らない。



おかしいなと、よく見たら、家庭内のアンテナ線の取り口が二つあり、一方から同軸ケーブルを使ってテレビの地上デジタル用の受け口に接続しているのに、BSデジタルの分については、つないでいなかったそうです。



アンテナ線を二種類、テレビにつながなければならないという発想がなかったわけです。



専門家からみれば、これでは映るはずがないと、あきれかえるかもしれませんが、一般の人にとっては、このテレビやチューナーとの接続方法が複雑で、説明書を読んでもよくわからないのです(私自身そうでした)。



BSデジタルの普及には、まず、どうやったら視聴できるのかを、わかりやすく周知徹底する必要があると、改めて思いました。(これには、われわれテレビ局と同時に、家電店やメーカーさんの役割も大きいと思います)



さて、アンテナですが、いま、はやりの3波(地上デジタル、BSデジタル、110度CS)共用チューナーの薄型テレビを購入しても、地デジを見るにはUHFのアンテナが、またBSデジタルを見るには、(従来のアナログ用BSアンテナか、それが映らない場合は)BSデジタルのアンテナが必要です。



特に、一戸建てのご家庭では、新たにアンテナを二つ購入しなければ、地デジとBSデジの二つのハイビジョン放送を見れない場合もあるわけで、放送事業者としては、お手数とおカネをおかけしますが、どうか、見れる環境をつくっていただきたいと、お願いするしかありません。



のほほーん日々な記録」という個人のブログを見ると、アンテナ設置の奮闘記が、写真入りで書かれています。このお宅は、窪地にあって、共用アンテナが地デジに対応していず、BSアンテナもアナログにしか対応していないため、新たにアンテナを二つ購入したそうです。



室内に引き込む同軸ケーブルが一本しかないので、二つのアンテナからミキサーで一つにまとめてから、室内で、改めて二つに分けるという手間隙をかけています。



作業に3時間ほどかかったそうで、本当にご苦労様です。



ただ、そのおかげで「キレイな画像で紅白が見れます」と書いてあるのが、救いでした。



(BS999CHのためのアンテナ設置についてはこちらを、またこのブログのBS放送視聴方法のカテゴリーを、また地デジのアンテナについてはD-paのホームページなど参照ください)





BSテレビ視聴方法 | 19:00:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
BS放送の見方?薄型テレビ

BSデジタル放送の見方について、我が家の場合を何回か書きましたが、一番簡単な方法は(財政的な余裕があれば)、やはりBSデジタルチューナーが内蔵されているテレビを購入することでしょう。これだと、あとはアンテナ(従来のNHKのアナログ衛星放送用アンテナ、またはBSデジタル・110度CSアンテナ)があれば、大丈夫です。



  061227_13220001_3に今は、デジタルチューナー付きの薄型テレビが大人気。価格も、以前は「1インチあたり1万円」などと言っていたのが「1インチ5000円」になり、今では、売れ筋の32V型液晶で12万円程度から(ビックカメラ・COM 参照)と価格低下が進んでいるようです。また40インチ以上の大型テレビの人気も高まっていると言います( BCN参照)。



 こうなると薄型テレビは高級テレビというイメージがあったのが「薄型テレビが普通のテレビ」となり、2007年には「一家に2台薄型テレビ」の時代になるかもしれません。そうなればBS放送業界にとっても朗報ですが。



(写真は日本BS放送の玄関の大型テレビ=映っているのはBS999chの「Drコパの夢をかなえ富を築く風水術〜開運マイホーム」の一場面です=携帯電話のカメラで撮ったので、少しぼやけています)





BSテレビ視聴方法 | 14:44:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ