FC2ブログ
この2冊やります
20200520152827711.jpg

基本に戻れ。
9月予定のTOEIC公開テストに向けて、既に何周かやっている、この2冊を徹底的に復習します。精選模試はパート3と4中心に、何度も聞いて、さらに暗唱。
文法特急もヒアリングと音読をやり、リスニングの参考書として活用。同時にもちろんパート5の解答速度を上げる



TOEIC | 15:42:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
映画  感染列島を見る
 今週は自宅待機、一部テレワークで家で英語の勉強と、会社の仕事。会社に出勤しないので、ちょっと、後ろめたい気持ちも。
 しかし、映画「感染列島」を見たら、考え方が少し変わった。この映画は。2008年の発表当時は「リアルでない」と不評だったそうだが、新型コロナが世界的に流行している今見ると、かなりリアルだ。新型感染症の恐ろしさを、切実に教えてくれる。
 今は、とにかく、ステイホーム。自分と親しい人、そして医療体制を守ることが第一だ。家に閉じこもり、勉学にも励みたい。


TOEIC | 21:16:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
在宅で勉強継続中

コロナウイルス感染防止のため、今週からアルバイト先への通勤は週1、2回。
在宅勤務のインフラが整っていないため、これでは仕事をやりきれないが、政府の通勤者7割減の方針に従って、アルバイト先の事業所も、どうしても今必要な業務以外は止めている。
今の個人的最重要事項は、自分や家族の感染防止。とにかく生き残らなくては。感染したら、我々、高齢者はリスクが高い。
その次は、会社の仕事を、クビにならないよう、必要最小限でやりきること。
いっぽう、英語を勉強できる時間は増えたが、なかなか、集中できない。
TOEIC の公式テストがいつ再開できるか、メドがついていないのも、今一つ、やる気を削いでいる。
そんな中で勉強しているのが、写真の本たち。
特に加藤優さんの900点特急パート5,6は1周やり終えた。
英文解体新書は面白いが、難しいので、なかなか進まないのが欠点。
英字紙や英語雑誌で、コロナ関連の記事を毎日読んでいるのが、基礎力アップに役立てばいいが。



TOEIC | 16:40:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
Rabitt さんの勉強会に出席しました
22日のRabittさんの勉強会(東京で、テキストは既出問題集2のリーディング2セット)。新型ウイルスが蔓延するなかで、さて、行こうかどうかと少し迷いましたが、行ってよかった。
3月のTOEICの公開テストの開催があやぶれるなか、最近は、英語の勉強も滞りがちで、また、本業の仕事も思わぬ難題にぶつかっており、このまま勉強会に参加しなかったら、TOEICとの絆がとぎれてしまうんではないか、ここが踏ん張りどころと、意を決して参加しました。

講師のRabittさんの実物を見るのは初めてでしたが、本などで見る姿から想像していたのと違って、思っていたより、背が高く、がっしりした体格の迫力たっっぷりの人でした。
コロナウイルスに配慮して、Rabittさんが教室の前からみんなに話しかける形式でなく、Rabittさんもみんなと同じように椅子に座って黒板のほうを向いて話していたのが印象的でした。

内容は詳しく書かないが、休憩も含めて4時間が、あっという間に終わりました。4時間も授業を受けるのは、本来なら、すごくつらいことのはずなのに、短く感じられたのは、それだけ、私も含めた参加者がTOEICが好きでたまらないからでしょう。
大きなTOEIC愛を感じ、元気をもらった勉強会でした。
ここで教えてもらった多くのヒントを、今後の勉強にいかしていきたいと思った一日でした。

いろいろあるけど、大きな目標を持って、負けないぞ。





TOEIC | 20:43:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
風邪でダウン
木曜日に、風邪をこじらせてしまい、病院へ。
インフルエンザは陰性だったが、気管支炎とのこと。
わざわざレントゲンをとったのは、新型ウイルスの流行のせいか。
仕事を休んで寝ていたが、国内で初の新型ウイルスによる死者が発見され、私の熱も37.4度まで上がってきて、夜は呼吸が思うように行かず眠れないという最悪。
金曜には抗生物質のせいか、熱は下がったが、咳は続いた。
寝室で、TOEIC の勉強は、まず既出問題集のリーディング。
これは問題をやって、復習しとかないと、Rabittさんの学習会に出る資格がなくなる。
TEST 1と2と8をもうじきおえる。
それから900点特急PART5,6 をやっている。
これは問題をやっていて、面白い。900点特急といっても、超難問でなく、基礎についても丁寧に説明しており、まずは600点を目指す私にもためになる。



TOEIC | 14:49:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ